身近なところに眠っているかも?偶然発見された超高額の美術品や歴史的遺物いろいろ


「庭にプールを掘って埋蔵金発見」「蔵の掃除で国宝級の仏像発見」など、アグレッシヴに地中深くやジャングルの奥地へ踏み入ることもなく、身近なところで偶然お宝を発見してしまえたらいいな……というのは誰もが一度はぼんやりと夢想することかもしれません。

というわけで、美術品や文献など、超高額で取引されたものから値段のつけられないようなものまで、世界中のひょんなところで探していたわけでもないのに偶然発見されてしまった歴史的・芸術的・文化的に高い価値のある「お宝」8つを紹介します。

詳細は以下から。8 Expensive Art Works Found Accidentally

畑仕事中に偶然に……


世界で最も有名な彫刻の一つであるミロのヴィーナスは、畑仕事中に偶然発見されました。1820年にエーゲ海のミロス島でYorgosという名のギリシャ人の小作農が畑を耕している際に掘り当てた4体の石像。うち3体はヘルメースで1体がアプロディーテーだったのですが、このアプロディーテー像をフランス海軍総督ジュール・デュモン・デュルヴィルが買い上げ、「ミロのヴィーナス(ミロス島のアプロディーテー)」としてフランスへ持ち帰りルイ18世へ献上しました。ルイ18世はこれをルーヴル美術館へ寄付し、現在もルーヴルで展示されています。

道路の下からひょっこりと……

by miguelão

1978年2月21日、メキシコシティ中心部の交通量の多い交差点で地下に電気回線をひく工事が行われた際に、アステカ神話の星の女神コヨルシャウキが浅浮き彫りで描かれた直径3.25m・重さ8トンもある巨大な円形の石盤が発見されました。これは、15世紀初頭に作られ1521年のスペインによるアステカ文明の征服の前に地中へ埋め避難させられていたと考えられるそうです。現在は発見場所から70m程度のテンプロ・マヨール美術館で展示されています。

地面の穴にひっそりと……


1978年、カナダのユーコン準州ドーソン・シティで地面に掘られた穴に1903年から1929年の映画フィルム500本もが埋められているのが発見されました。永久凍土が幸いして35mmのニトロセルロースフィルムの保存状態は完ぺきだったそうです。

ベッドの下に40年……


スペイン人のヴォードヴィル役者Pepito Perezの妻Joanneさんは、1990年にベッドの下を掃除した際、50年代の人気テレビドラマ「アイ・ラブ・ルーシー」の現存する唯一のパイロット・フィルムを発見しました。1975年に亡くなったPepitoはパイロット制作の際ルーシー役のルシル・ボールに演技指導をし、「ピエロのペピート」としてゲスト出演もしたとのことで、ルシル・ボールと夫のデジ・アーナズは1951年の放映後にパイロットフィルムを感謝の印としてペピートにプレゼントしたそうです。フィルムは以後ペピートのベッドの下でホコリを集め続けることになりました。1990年に再発見され約40年ぶりに放送された際にはすでにルシル・ボールもデジ・アーナズもこの世を去っていたのですが、撮影当時ルシル・ボールのおなかの中にいた娘のルーシー・アーナズが特別番組の司会を務めました。

いつも見ていた壁に堂々と……


ミルウォーキー在住の中年の夫妻が、所有する1枚の絵画の鑑定を専門家に依頼したところ、鑑定家は夫婦宅の壁に何気なくかけられているもう1枚の絵に興味を持ちました。夫妻がゴッホの絵の複製だと思っていたその絵「Still Life with Flowers(花のある静物)」は、調査により1886年にゴッホ自身の手により描かれたオリジナルだということが判明し、1991年3月10日にオークションで140万ドル(当時の相場で約1億8000万円)の値がついたそうです。

屋根裏のトランクの奥深く……


ハリウッド在住の図書館司書Barbara Testaさんは、ニューヨーク州バッファローの弁護士であった祖父James Fraser Gluck氏(1895年没)の遺品のスチーマートランク(長い船旅に使うような頑丈なトランク)6つを1961年に相続しました。それから数十年かけて、暇を見つけては少しずつトランクの中身を確認していたBarbaraさんは、1990年の秋に、665ページの手書きの文書を見つけたそうです。なんとこれはマーク・トウェイン自筆の「ハックルベリー・フィンの冒険」の原稿の前半部分だということが判明し、バッファローの図書館Buffalo & Erie County Public Libraryで後半部分の原稿と合流を果たしました。1885年に図書館へ原稿を寄付した際、前半部分は印刷所で紛失したと思い込んでいたマーク・トウェインは後半のみを送ったのですが、その後どうやら前半部分も発見し、当時図書館の司書を務めていたGluck氏に送ったようです。原稿を束ねて製本するため保管していたGluck氏が亡くなったため、Gluck氏の遺品に紛れ1世紀近くトランクの中に眠ることとなりました。

フリーマーケットで買った額の裏から……


フィラデルフィア在住の金融アナリストの男性がペンシルベニア州Adamstownでフリーマーケットをのぞいていた際、木製の額縁を見かけて心をひかれ、4ドル(約550円)で購入しました。男性は家へ帰って額装されていた古い破けた絵を取り外すと、カンバスと裏板の間にたたんだ紙が挟まれていることに気付いたのですが、調査によりこれは1776年に作成されたアメリカ独立宣言(現存する24部のうち1つ)であることが判明し、1991年6月13日にオークションで240万ドル(当時約3億4000万円)で落札されました。

自転車ラック代わりに使っていた物が実は……


イギリス・サウサンプトンの考古学博物館God's House Tower Museum of Archaeologyの職員たちは長年にわたり、地下室にある高さ27インチ(約69cm)の黒い石を、自転車を立てかけるのに使っていました。ちょうどいい大きさでちょうどいい場所にあったこの石が実は紀元前7世紀のエジプトのファラオの像であることに、2000年に博物館の収蔵品を調査していたエジプト学者たちが気付いたそうです。今日のスーダンに位置するクシュを治めたエジプト第25王朝のファラオタハルカの像と判明し、今では博物館の収蔵品として大切に扱われ、展示されているようです。

・関連記事
70年間無人だったパリのアパルトマンで2億5千万円の絵画が発見される - GIGAZINE

1億円の絵がゴミの中から発見される - GIGAZINE

ドッグタグや不発弾も発掘、自宅の裏庭で第二次世界大戦の捕虜収容所跡を発見した男性 - GIGAZINE

恐竜の化石がペルーのバスの中から発見される - GIGAZINE

地下鉄駅の工事で発見された50年前のポスター - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log