×
生き物

血糖値の変化をかぎわけ糖尿病の少女の発作を防ぐ犬


1型糖尿病を患う7歳の少女レベッカちゃんは血糖値をコントロールするホルモンインスリンを分泌することができず、常に低血糖発作や糖尿病性昏睡の危険にさらされています。

レベッカちゃんとともに学校へ通うラブラドール・レトリバーのシャーリーはこの危険をかぎ分け、少女の命を守っているそうです。

詳細は以下から。Shirley the labrador uses nose to stop Rebecca, 7, falling into coma in classroom | Mail Online

血糖値の急激な変化をかぎわけて知らせる特別な訓練を受けたシャーリーは、1年前からレベッカ・ファーラーちゃんとともにイギリス・ノーサンプトンシャーのHarpole Primary Schoolへ通っています。変化をかぎつけると反応があるまでレベッカちゃんの顔をなめ続け、反応がなく教師も気付かなかった場合には教室に用意されている検査キットを取りに行き、補助教員のテレサ・ホジキスさんがレベッカちゃんの血糖値を検査し、低すぎる場合には砂糖を与え、高すぎる場合にはインスリン注射を行うことで、発作を回避しています。

レベッカちゃんとシャーリー。


2年前に1型糖尿病と診断されたレベッカちゃんはこれまで8度にわたり病院で治療を受けていて、多いときには1日に5回も発作で倒れるそうです。「発作はいつも急に起きます。元気に遊んでいると思ったら、次の瞬間には倒れているのです」とレベッカちゃんと双子の弟ジョセフの母クレアさんは語っています。「レベッカが学校へ犬を連れて行くことができて、本当に助かっています」

・関連記事
犬が飼えないイスラム教徒の学生を助ける「盲導ポニー」 - GIGAZINE

死のにおいをかぎつけ50人の入院患者をみとった「死を予知する猫」 - GIGAZINE

今後ドイツの警察犬は靴を履いてパトロールを行う - GIGAZINE

人が多く集まる海で犬がライフセーバーとして配置される - GIGAZINE

飼い主と息ピッタリで「メレンゲ」を踊る情熱的なラテン系の犬 - GIGAZINE

賢い犬に育てる段ボール製の報酬装置「Amazing Treat Machine」 - GIGAZINE

生後7週間のラブラドール犬を半年間毎日撮り続けた記録ムービー - GIGAZINE

これがイヌ?これが写真?と一瞬目を疑うような驚異の美犬写真 - GIGAZINE

犬に服を着せることなく愛犬とペアルック、犬の毛でセーターを編む人々 - GIGAZINE

in 生き物, Posted by darkhorse_log