モバイル

「GALAXY Tab」の返品率が約16%に達する、ちなみにiPadは2%


昨年11月26日にNTTドコモの冬モデルとして日本でもリリースされたAndroidタブレット「GALAXY Tab」ですが、アメリカでの返品率が約16%に達していることが明らかになりました。

iPhoneに対抗したスマートフォン「GALAXY S」シリーズは発売半年で1000万台を売り上げるなど、好調であるものの、タブレット端末に関しては先行するiPadに対して苦戦を余儀なくされているようです。

詳細は以下から。
Samsung Galaxy Tab Return Rates Hit 16 Percent | John Paczkowski | Digital Daily | AllThingsD


この記事によると、ITG Investment Researchがアメリカにある6000店の携帯電話販売店のPOSデータを追跡したところ、昨年11月に発売された「GALAXY Tab」の返品率は12月までの間に約13%にのぼったそうです。

また、年末の休暇シーズンにはさらに返品率が上昇しており、iPadの返品率が2%にとどまったのに対して、今年1月15日までの「GALAXY Tab」の返品率は約16%にまで膨れ上がったとされています。


ちなみにこのような事態となることはGoogleのモバイル部門を担当するHugo Barra氏が昨年秋に予見しており、「GALAXY Tab」が採用しているAndroid 2.2(開発コードネーム「Froyo」)はスマートフォン向けに作られたもので、タブレット端末での使用のために設計されておらず、そもそも適合するものではないと忠告していました。

なお、「GALAXY Tab」の全世界での販売台数は現時点で200万台程度になるとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
NTTドコモが「GALAXY Tab」を安価に購入できる「HAPPY Tabキャンペーン」を延長 - GIGAZINE

女性が片手で持てるほど軽量な「GALAXY Tab」速攻フォトレビュー - GIGAZINE

軽快な操作が可能なドコモのAndroidタブレット「GALAXY Tab」実機ムービー - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in モバイル, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.