「きかんしゃトーマスに勝った」と豪語するブタ「ペッパ」とは何者か?


イギリスのおもちゃ業界で、ナンバーワンの座をかけて機関車とブタが正面衝突しているそうです。

これまでイギリスの未就学児向けおもちゃ市場では「きかんしゃトーマス」が圧倒的強さを誇り、長年にわたり1位の座を維持してきました。先日、子ブタを主人公としたアニメ「ペッパピッグ」のライセンスを所有するEntertainment Oneが「2010年の未就学児向けおもちゃの売上でペッパがトーマスを抜いた」と発表したところ、「きかんしゃトーマス」を所有するヒット・エンターテインメント側は「トーマスは負けていない。不正確で誤解を招く発表だ」と応酬し、事態は一触即発の様相を呈しています。

では、「トーマスに勝った」と主張するブタ「ペッパ」とは、一体何者なのでしょうか?詳細は以下から。FT.com / Companies / Retail - Toys tussle in play for UK top spot

飛ぶ鳥を落とす勢いの「ペッパピッグ」とは、5歳の女の子のブタ「ペッパ」を主人公とした1話5分間のアニメシリーズで、イギリスでは2004年5月から放送されているほか、オーストラリアやヨーロッパなどで人気を博しています。2005年のイギリスのベスト子ども向けアニメ賞など多数の受賞歴があるそうです。日本では日本語吹き替え版がCartoon Networkで放送されていて、ペッパの声は声優の釘宮理恵さんが担当しています。

by debcll

主人公のペッパは「かわいくて、少しお姉さん風をふかせている5歳の女の子のブタ。お父さん、お母さん、弟と一緒に暮らしている。泥の水溜りで遊んだり、ジョージの世話をみたり、おじいさん、おばあさんの家に遊びに行くのが大好き」とのことです。

Tsuki-chama

左がペッパ、右側のブルーの服はペッパの1歳半の弟「ジョージ」。まだしゃべれないのですが、「Dinosaur(恐竜)」という言葉だけ言うことができます。

Tsuki-chama

ブタらしさを残しつつ擬人化されたペッパは、自転車に乗ったり、家族で車に乗って出かけたりもします。ちなみに放送開始時にはペッパたちはシートベルトを着用せずに車に乗っていたのですが、「教育上よくない」と抗議を受けてシートベルトが描き込まれたそうです。

by Andy Wilkes

一方のきかんしゃトーマスはイギリスで1984年にテレビシリーズとしてスタートし、日本では1990年から放送されている長寿番組。原作の絵本シリーズ「汽車のえほん」は1945年から続き、65年以上の長い歴史を持ちます。ちなみにイギリスでは長年リンゴ・スターがナレーションを担当していました。

by dalelane

Entertainment Oneの発表によると、イギリスでの2010年の「ペッパピッグ」キャラクター商品の売上は2億ポンド(約260億円)を上回り、ペッパピッグは「イギリスで未就学児向け玩具が最も売れているシリーズ」となったそうです。発表では、「未就学児向け玩具1位」の座が長年「きかんしゃトーマス」により保持されてきたことにも触れていて、いわば名指しでトーマスに対し勝利宣言をしています。

これに対し「きかんしゃトーマス」のライセンスを所有するヒット・エンターテインメント側は、未就学児向け玩具だけでなくすべてのキャラクター商品の売上の総計である「2億ポンド」という数字と「未就学児向け玩具1位」ということを同じリリースで発表するのは「誤解を招く表現」であり、かつトーマスの「未就学児向け玩具1位」がゆらいだという事実はないので「不正確」な発表であるとしています。

Entertainment Oneは、このすれ違いは「玩具」の定義によるものだと説明しています。プラスチックや木製の「hard toy(硬いおもちゃ)」に分類され対象年齢が表示される玩具では、2010年の未就学児向け市場での売上はトーマスが1450万ポンド(約18億8000万円)、ペッパが1330万ポンド(約17億3000万円)で、トーマスが1位となっています。

定番人気のトーマスの鉄道モデルなども「hard toy」に分類されます。

by Tom Raftery

クリスマスに「ペッパピッグ」のドールハウスをもらった女の子。これも「hard toy」です。

by goforchris

幅広く展開されているペッパのおもちゃの中でも、この汽車に乗ったペッパは、特にトーマスと競合する商品かもしれません。


by jonlarge

一方、ぬいぐるみやアウトドア用のおもちゃ、全年齢層用のおもちゃなどを含む市場での「ペッパピッグ」商品の売上は2440万ポンド(約31億7000万円)で、「きかんしゃトーマス」の2260万ポンド(約29億4000万円)に勝っています。

by debcl

なお、「ペッパピッグ製品の2010年の売上が2億ポンド(約260億円)を超えた」というのは、文房具や絵本、衣服や寝具など、キャラクター商品の売り上げの合計とのこと。

ベッドカバーやカーテンも「玩具以外のキャラクター商品」ということになります。ピンク色をベースにした商品が多いので、やはりどちらかというと女の子に人気のようです。

by jonlarge

「きかんしゃトーマス」を所有するヒット・エンターテインメントは、ライバルの登場は大歓迎であるとして「現在の厳しい市況の中では特に、ペッパピッグの成功例は明るいニュースです」と語っていますが、「DVDや本も含むブランド全体としてなら、トーマスも2億ポンドを超える売上があります」と付け加え、ちょっと負けず嫌いなところを見せています。

ペッパという強力なライバルの登場を受け、トーマス側はいままでになく力の入った商品を要求されることになりそうですが、競争により市場全体が活気づくということも期待できるかもしれません。

・関連記事
まもなく映画が公開される「きかんしゃトーマス 伝説の英雄(ヒロ)」が早くもプラレール化 - GIGAZINE

頻繁に列車事故を起こしているような気がする「きかんしゃトーマス」が2011年春に映画化を予定 - GIGAZINE

きかんしゃトーマスが街のド真ん中に数時間も放置される - GIGAZINE

キャストを一新した「きかんしゃトーマス」新シリーズのDVD発売へ - GIGAZINE

新発売予定の玩具やおもちゃが集う「TOYフォーラム2010」開催、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

ドイツの子どももウンコに興味しんしんであることを裏付ける、衝撃の知育玩具「Kackel Dackel」とは? - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log