取材

徳島にエリザベスと共に「ジャンプショップ 徳島店」がやってきました


今回で5回目を迎えた“徳島の街を遊び尽くす”一大イベント「マチ★アソビ」。「マチアソビ vol.2」に引き続き「少年ジャンプ」関連グッズが山ほど置いてある「ジャンプショップ」が期間限定で徳島にやってきました。

2011年1月22日(土)~2月6日(日)の期間に無休で開催され、 会場は徳島駅前にある「阿波おどり会館 1F・2F」となっています。営業時間は平日の13:00~20:00、土日祝は10:00~20:00とのこと。


というわけで、ジャンプショップの詳細は以下から。ジャンプショップ | 集英社『週刊少年ジャンプ』公式漫画情報サイト ―shonenjump.com―

会場の「阿波おどり会館」に到着。


阿波おどり会館の玄関には大きなポップが置かれていました。


入り口では「銀魂」より「エリザベス」がお出迎えです。


2メートル強はありそうな大きさ。


このゲートをくぐればお待ちかねのジャンプショップです。


イベントのスケジュールなどが載っています。各地で手に入るフライヤーと同じ内容です。


2階に上がってすぐはこんな感じ。


山ほどあるTシャツたち。


こっちにもTシャツが。


「家庭教師ヒットマンREBORN!」のコーナー。


文房具など、細かなグッズがいっぱいです。


「銀魂」コーナー。


裏側はこんな感じ。


開店直後でもお客さんはひっきりなしにやってきます。


カレンダーコーナー。


この辺りはひっきりなしに女性客がやって来ていました。


ステッカーなどがあります。


下の方にいる赤いキャラクターは鳥山明さんがデザインしたジャンプショップオリジナルキャラクターの「ジャンタ」です。


先へ進むとジャンプの歴代表紙絵を並べたパネルが出迎えてくれました。


現在20代後半以上の人にとっては思い入れのある作品が多いのではないでしょうか。


もっと近づいてみました。


90年代中盤のラインナップ。このころに「こち亀」は連載1000回突破しました。


90年代後半です。


「武装錬金」や「DEATH NOTE」など、2000年代初期の作品があります。


全体はこんな感じ。


角を曲がれば記憶に新しい2000年代中盤の作品群。


少しずつ現代に近づいてきました。


現在も連載されている作品が多くなってきます。


そして現代です。見覚えがある表紙がある人も多いのでは。


全体ではこんな風です。


「ドラゴンボール」のコーナーはここ。


隣には「BLEACH」もあります。


ポスターが盛りだくさん。


「ジャンプスクエア」などの作品たちです。


ワゴンにはスナック類。


段々と人が増えてきました。


「海賊シチュー」など、お土産にもピッタリな食品類も充実しています。


ピンバッチは本当にたくさんの種類があるので、「お気に入りのキャラが見つからない」ということはなさそう。


「D.Gray-man」コーナーはゴシックな雰囲気が漂っています。


「SKET DANCE」などのグッズがズラリ。


「NARUTO -ナルト-」のコーナーも大きく展開されていました。


ジャンプの看板作品だけに「ONE PIECE」のグッズが一番多い印象を受けました。


レジも混雑しています。


1階にあるジャンプショップの入り口横では野菜の即売会をやっていました。白菜が丸々一個で80円とかなりお買い得です。自分のためにジャンプグッズを買ったあとは、家のために野菜を購入するというのもアリかもしれません。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「マチ★アソビ vol.5」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「マチ★アソビ vol.5」眉山ロープウェイでの鈴村健一による観光ガイドアナウンス動画 - GIGAZINE

「マチアソビ vol.2」開幕、ジャンプショップには9時の開店前から行列が - GIGAZINE

徳島にジャンプショップが再上陸、2011年1月22日から2月6日までの期間限定オープン - GIGAZINE

in 取材,   アニメ, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.