アニメ

「まんが日本昔ばなし」、240話分を全60巻組のDVD-BOXとして4月から発売へ


毎日放送(MBS)が開局60周年記念事業として「まんが日本昔ばなし」をDVD-BOX化するそうです。

「まんが日本昔ばなし」は1995年にビデオソフト化されていますが、DVD化は初めてだそうです。

詳細は以下から。
Amazon.co.jp: まんが日本昔ばなし DVD-BOX 第1集(5枚組) (仮): TVアニメ: DVD

毎日放送は1950年に「新日本放送株式会社」として設立されました。1951年9月1日に民放ラジオ局として日本2番目に放送を開始、1958年に「株式会社毎日放送」と改称し、1959年からはテレビ放送を開始しました。


「まんが日本昔ばなし」がスタートしたのは1975年で、これはちょうど毎日放送がANNからJNNへとネットチェンジしたのと同時期です。当初は空いた枠の穴埋め番組として制作されたそうですが、好評だったためレギュラー番組となり、以後1994年まで全国ネットでの放送が行われました。

「クイズダービー」とともに高視聴率を保っていた「まんが日本昔ばなし」ですが、90年代に入ると「たけし・逸見の平成教育委員会」や「美少女戦士セーラームーン」といった裏番組に人気を奪われていき、1992年にまず「クイズダービー」が終了、1994年3月に「まんが日本昔ばなし」の全国ネット放送が終了しました。この後もローカル枠では放送が続いていましたが、半年後に新規制作分の放送が終了し、再放送へと切り替わりました。

今回、毎日放送は開局60周年記念事業として、本作のうち240話分をDVD-BOX化。1巻4話収録で5巻組のBOXが2つ、それぞれ1万4000円で4月1日から発売となります。以降、8月、12月と年3回、2年にわたり10巻ずつ発売予定だそうです。

4月1日発売分には以下の作品が収録される予定となっています。

第1巻「カチカチ山」「桃太郎」「河童の雨ごい」「ソラ豆の黒いすじ」
第2巻「花咲か爺さん」「金太郎」「うぐいす長者」「八郎潟の八郎」
第3巻「さるかに合戦」「浦島太郎」「だんだらぼっち」「絵姿女房」
第4巻「一寸法師」「舌切り雀」「田植地蔵」「塩ふきうす」
第5巻「七夕さま」「一休さん」「イワナの怪」「小太郎と母龍」
第6巻「雪女」「養老の滝』「さだ六とシロ」「蛙の恩返し」
第7巻「分福茶釜」「猫檀家」「うばすて山」「羅生門の鬼」
第8巻「おむすびころりん」「耳なし芳一」「馬方とタヌキ」「きつね女房」
第9巻「座敷童子」「三枚のお札」「芋ほり長者」「宝の下駄」
第10巻「こがねの斧」「かしき長者」「おいてけ堀」「にんじんとごぼうとだいこん」

ちなみに、「まんが日本昔ばなし」の全話数は1471なので、このDVD-BOXを揃えてもまだ全体の2割に届かないということになります。全てが映像ソフト化される日はくるのでしょうか……。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「まんが日本昔ばなし」制作会社の「グループ・タック」が準自己破産 - GIGAZINE

「serial experiments lain」BD-BOX発売、全編フルHD対応でまさにプレゼント・デイ、プレゼント・タイム、HAHAHAHAHAHAHA - GIGAZINE

初の完全ノーカット、あの「妖怪人間ベム」の「初回放送オリジナル版DVD-BOX」が発売へ - GIGAZINE

in アニメ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.