アニメ

プロ&アマチュア声優が選んだ2010年のベストアニメ&声優ランキング


カヤックが運営する声優・ナレーター・おしゃべり好きの音声コミュニティ「こえ部」に登録している22万人のプロ・アマチュア声優を対象に行われたアンケート「2010年ベストアニメ&声優&オンラインゲーム」の結果が発表されていました。

2010年に放映された中でおもしろいと感じたアニメや、今年一番応援していた声優などについて得票数トップ10がランキング形式で発表されていて、声の仕事に関心のある人が選ぶランキングとして見るとなかなか興味深いものとなっています。

ランキング詳細は以下から。こえ部アワード2010|部員が選ぶ○○ランキング! | こえ部 声優・ナレーター・声で遊ぶコミュニティ

アンケート対象となったこえ部のユーザー属性は以下の通り。男女比はおよそ6:4、年齢層は中高生が最も多く、次いで大学生や社会人がほぼ同数となっていて、年齢で見ると10歳~19歳が半数以上を占めているなど、若年層がかなり多いです。

対象の「プロ・アマチュア声優」の違いは、どちらも「こえ部」に所属していることが条件で、「アマチュア声優」は特にプロダクションなどに所属していないユーザー、「プロ声優」はプロダクションに所属して活動を行っている、あるいは声優としての仕事を請けているユーザーを指し、「プロ声優」はユーザー全体の5%程度存在するそうです。


性別:男性39% 女性61%
年齢:10歳~19歳 58% 20歳~29歳 32% 30歳~59歳 6%
職業:中学生34% 高校生30% 大学生ほか15% 社会人14%小学生3% フリーター4%


それではランキングを見ていきます。「好きな声優(男性)部門」では、人気ラジオ番組で共演している神谷浩史さんと小野大輔さんが1・2フィニッシュを決めるなど、その高い人気を見せつけました。3位には「銀魂」の坂田銀時役や「涼宮ハルヒの憂鬱」のキョン役で知られる杉田智和さんがランクイン。4位以下も、二枚目役の多い声優が名を連ねています。


続いて、「好きな声優(女性)部門」第1位は、「涼宮ハルヒの憂鬱」でブレイクし、最近はバラエティ番組などにも多く出演している平野綾さん。続いて、その声に魅了される人が多いことから「釘宮病」という言葉まで生まれた釘宮理恵さん、そして3位はデュラララ!!のセルティ・ストゥルルソン役など今年は多くの作品に出演していた沢城みゆきさん。紅白歌合戦に二年連続出演が決定した水樹奈々さんは5位にランクインしていました。


「好きな2010年アニメ部門」は一大ブームを巻き起こし、ローソンとのタイアップ商品はあっという間に売り切れるほどの人気を誇る「けいおん!!」が第1位。2位・3位の「デュラララ!!」「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」は両者ともライトノベル原作のものがランクインしています。


ここからやや趣向が変わり、「好きなオンラインゲーム部門」。NEXONの運営するメイプルストーリーが1位に輝きました。


ラストは「2010年これにハマった!部門」。「モノでも人でもイベントでもなんでもOK!」というラフな応募条件の通りさまざまな意見が寄せられたようで、ニコニコ動画を中心にブームが広がったボーカロイドがニコニコ動画というワードの得票数を上回って2位に入るなど、雑多ではありますがユーザーの素直な声がそのまま出ているようでおもしろいものとなっています。

・関連記事
アニメワンが選ぶ2010年のアニメ10大ニュース発表 - GIGAZINE

「けいおん!」桜ヶ丘高校のモデルになった豊郷小学校をじっくり見学してきました - GIGAZINE

あの人気キャラが部屋着で添い寝してくれる枕カバーも、「デュラララ!!」新作プライズいろいろ - GIGAZINE

ワンダーフェスティバル2010[夏]で見つけた、女性に大人気の作品のフィギュアいろいろ - GIGAZINE

in アニメ, Posted by darkhorse_log