彼女にSNS経由でプロポーズした男性、見事彼女のハートをキャッチ


彼女がいつも利用しているSNSを経由してプロポーズをし、見事彼女のハートをキャッチした男性が現れました。

その男性はSNSのスタッフに直談判して、プロポーズの言葉を自然な形で表示してもらいました。彼女がそのメッセ―ジを見たその時、隣からそっと婚約指輪を差し出すという何ともロマンチックな瞬間が収められたムービーもYouTube上で公開されているなど、ネットが普及している今だからこそできるサプライズだと感じさせられます。

プロポーズに至るまでのいきさつは以下から。
Boyfriend Uses Girlfriend’s Favorite Website to Propose To Her | Techi.com

Scott氏はガールフレンドのLeslieさんにプロポーズをするつもりだったのですが、その方法は普通のやり方とはひと味違うものでした。Leslieさんは一児の母で、母親同士が集う人気SNS「CafeMom」ではBradenIsMySonというアカウント名を持つヘビーユーザーだったため、彼は「CafeMom」上でよく使われているプログラムを使って彼女にプロポーズすることを思いつき、サイト運営者側の協力を得るために動き出しました。彼は手始めに、CafeMomのスタッフにあてて次のような内容のメールを送りました。

「僕はある悩みを抱えています。そして、あなたがたが僕のちょっとユニークな要請に応じてくれることを切望しています。僕はつい最近婚約指輪を購入し、ガールフレンドにプロポーズすることを計画しているのですが、彼女は「CafeMom」が好きで毎日利用しています。彼女に思い出深い経験をさせるために、どうか協力していただけないでしょうか。彼女はサイト上で「Achievement Awards」を集めているため、それと同じ体裁で「僕と結婚してくれませんか?」というメッセージを表示させてほしいのです。そのようにしていただけたら、本当に感謝のしようもありません。もしこのアイデアの実行が難しい場合、あるいは彼女へのプロポーズに関して異なるアプローチをお持ちの場合は、ぜひ僕に連絡してください。」

メールを受け取ったCafeMomのスタッフ・Brian Craine氏は、Scott氏のプロポーズを成功させるためのブレインストーミングを行いました。そして他のスタッフとも協力し、彼がプロポーズ当日と定めた土曜に特別仕様の「Award」を設定し、彼女がある質問に答えたら「僕と結婚してください」と書かれたポップアップ・ウインドウが表示されるようセットアップしました。そしてポップアップする「Award」のウインドウ内には、スコットが彼女にプレゼントする予定の指輪の写真を組み込みました。Craine氏は、ことが順調に進んでいのを確かめるために、サイトからその日一日目を離さなかったということです。

これが実際に表示されたポップアップ。


また、Leslieさんがプロポーズを受ける瞬間にはScott氏も同席していて、その様子はムービーに収められてYouTube上で公開されています。突然のことに驚くLeslieさんと、ウインドウが開いたと同時に本物の指輪を渡すScott氏はなかなか見ていてほほえましいものがあります。

YouTube - Leslie's Proposal



こんな風に個人のプロポーズにウェブサイトを挙げて協力することは珍しく、母親専用SNSならではの心温まるエピソードと言えそうです。

・関連記事
Google マップ ストリートビューを使って愛する女にプロポーズする男 - GIGAZINE

50人ものダンサーが全力でプロポーズを祝福するムービー - GIGAZINE

気球に乗ってプロポーズをしようとした牧師、上空で結婚指輪を落としてしまう - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log