取材

架線無しで走れる次世代型の路面電車「SWIMO」


川崎重工業といえば航空機、建設機械、産業用ロボット、二輪車などの多岐に渡る輸送機器や機械装置を扱う企業ですが、扱われている品の中には鉄道車両もあります。例えば、新幹線はJR九州の「つばめ」で運用されている800系車両が台車のみの製造となっている以外はすべての車種を製造しています(川崎以外に日立製作所日本車輌製造近畿車輛なども製造している)。

そんな川崎重工業は「鉄道技術展2010」でもひときわ大きなブースを展開していろいろな自社製品を展示していましたが、目を引いたのがこの次世代型路面電車「SWIMO」でした。

詳細は以下から。
これが川崎重工業ブース。


SWIMOは架線無しで走れる次世代型路面電車です。


丸っこい感じの車両。


車両の屋根はすらっと滑らか。電気を集めるのに必要ななずのパンタグラフがありません。


反対側から見るとそのカラクリがわかるようになっています。


座席下に見える緑色のKawasakiロゴ入りの箱、コレが秘密。


これはニッケル水素電池「ギガセル」です。


ギガセルは川崎重工業が自社開発したコンパクトかつ大容量なバッテリーで、これを搭載することで架線無しでの走行を実現している、というわけです。


車内はこんな感じになるようです。


路面電車はモータリゼーションに伴ってかなり衰退し、京都や大阪の市電はすべて廃止され、東京都電も荒川線を残して全廃されました。しかし、過度の車社会化が進んだ欧米ではLRTが注目を集めており、日本でも富山ではJR富山港線が富山ライトレールとして再出発するなどしています。架線を必要としないこのSWIMOであれば、新たに架線柱を立てる必要もなく、比較的導入が簡単かも知れませんね。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「鉄道技術展2010」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

世界の最もきれいな都市トップ25 - GIGAZINE

ロシアの廃線探検 - GIGAZINE

ロシアの廃線探検2 - GIGAZINE

in 取材,   乗り物, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.