×
乗り物

ご近所の交通安全を守るため中古の警察車両を購入した男性


路肩にパトカーが停車していれば「取り締まり中か」と考え運転が丁寧になる人は多いのではないでしょうか。走行中のパトカーを見かけたり、パトカーにちょっと雰囲気が似ている警備会社の車両を見ても反射的にスピードをゆるめるドライバーもいるかもしれません。

ドライバーたちがスピードを出しがちな郊外の道路の近くに住む男性が交通安全を気にかけ、中古の警察車両を購入し道路脇に駐車するようにしたところ、見事に効果を発揮し、スピードを出し過ぎるドライバーが激減したそうです。

詳細は以下から。Pensioner buys police van to stop speeding motorists - Telegraph

宅配ドライバーで3児の父であるというKerry Donnelly氏(59歳)は、eBayで1500ポンド(約19万円)で中古の警察車両(バン)を購入し、スピード違反の取り締まり用のバンに見られるカメラ撮影用の後部の小窓を模して黒いテープをはりました。この車両を、スピードを出すドライバーが多いDonelly氏の自宅近くの時速30マイル(約42km/h)規制ゾーンに止めると、通過するドライバーたちはみなバンが目に入った瞬間にブレーキを踏み、スピードをゆるめて行くそうです。

「どこにも警察の標章を表示していないので、法には触れていません」と語るDonnelly氏。サウス・ウェールズ警察もDonnely氏の行為は違法ではないことを保証しています。


カーディフ郊外のCanton地区のLansdowne RoadにあるDonnelly氏の自宅近くには、2007年から2009年まで、定期的に警察のバンが停車しスピード違反の取り締まりを行っていたそうです。しかし、スピードを出す車が減ったため2009年7月に取り締まり地点から外されると、途端にドライバーたちはサーキットのようにとばしていくようになった、とDonnelly氏は語ります。

「にせ警察車両」を止めるようになって再びスピードを出す車が減り、Donnelly氏の行為は多くの住民やドライバーに好評とのことです。

・関連記事
ダンボールで作ったパトカーを置いたら車がゆっくりに - GIGAZINE

スピード違反撲滅のために純白の天使が降臨 - GIGAZINE

スピード違反したくなくなる速度超過告知板 - GIGAZINE

いまどきの老人は走り屋なのか?オービス設置後、スピード違反で逮捕される高齢者が激増 - GIGAZINE

最高時速325キロ、かっこよすぎるランボルギーニのパトカー - GIGAZINE

日本では見られない世界の様々なパトカーの写真 - GIGAZINE

峠で爆走中のスーパースポーツバイク「カワサキ・ニンジャ」がパトカーに驚いて転倒 - GIGAZINE

in 乗り物, Posted by darkhorse_log