ムービー

ゴールの喜びを「釣り人」一発芸で表現したサッカーチーム、今度は新ネタの「人間トイレ」を披露


ゴールを決めた喜びを、事前に特訓していたとしか思えない見事な完成度の「釣り人コント」で表現し、「サッカー史に残るパフォーマンス」と絶賛されたのも記憶に新しい、アイスランドのプロサッカーチームStjarnan

その新作コント「人間トイレ」が、先日行われた試合で披露されました。

詳細は以下から。YouTube - Human Toilet Celebration (FC Stjarnan)


アイスランドの1部リーグÚrvalsdeildでの、StjarnanFram Reykjavíkの試合。まずはStjarnanのHalldór Orri Björnsson選手(背番号10)がシュートを放ちます。


しかしボールはキーパー正面。


そのこぼれ球を、走り込んできたThorvaldur Aarnasson選手(背番号15)が押し込みます。


ゴールを祝福し、駆け寄ってきた仲間たち。


Jóhann Laxdal選手(背番号4)がおもむろにひざをつきます。前回のコントでは、最もテクニックが要求されると思われるピチピチはねる「魚」役を担当していた選手です。


その前に別の選手が四つばいになり、なんだか組み体操のようなことに。


そこへゴールを決めたAarnasson選手が歩み寄ります。


「フタ」を持ち上げ……


腰をおろし……


どうやら新聞を読みながら力んでいるようです。


事を終えると立ち上がり、最後は水を流して立ち去ります。後ろに立っていた選手は貯水タンクおよび水洗レバー役だった模様。


先日の「釣り人」コントほどのスピード感はありませんが、4人という少人数ででき、特にテクニックも要求されないようなので、やってみたいと思う人も多いのではないでしょうか。クラスマッチでゴールを決めたときのためにネタを仕込んでおきたいという中学生などにも参考になるかもしれません。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
低レベルな負傷演技をするサッカー選手のムービー - GIGAZINE

男性用トイレでサッカーをさせることで飛び散らせないようにする - GIGAZINE

赤いユニフォームのゴールキーパーはPKのセーブ率が2倍 - GIGAZINE

背が高いサッカー選手ほどファウルをとられやすいことが明らかに - GIGAZINE

なぜ大事な場面に限ってPKを決められないのか?イングランドの科学者が解明 - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.