カップ麺初のラー油味「マルちゃん ラー油が決めて!!ちょい辛ラーメン」を食べてみました


これまでもいろいろとラー油を使った商品を売り出しているセブンイレブンのカップラーメンの棚に、ラー油の勇ましい文字がおどる「マルちゃん ラー油が決めて!!ちょい辛ラーメン」(税込198円)を見つけたので、さっそく買って食べてみました。

食べるラー油をカップラーメンにトッピングすることはあっても、もともとカップラーメンにその味がついているものは初めて見ました。たて型のカップで、フタを開けたらお湯を入れるだけの手軽タイプなのですが、果たして食べるラー油独特の味を再現できているのでしょうか。

詳細は以下から。東洋水産株式会社

「マルちゃん ラー油が決めて!!ちょい辛ラーメン」


筆文字っぽい書体といい、あきらかに桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」を意識しているようなパッケージ。


カロリーは1食あたり427kcalと結構高め。


食べるラー油にはかかせない、フライドガーリックやフライドオニオンが入っているようです。


原材料名はたくさん入っているものから先に書かれるので、どうやらフライドガーリックの方がたっぷり入っているらしい。


フタを開けてみましたが、この段階では特に普通のカップラーメンと大きく違うところはありません。


お湯を入れて3分待ちます。


最後に調味油を入れます。調味油はものすごく真っ赤で、いわゆるギョウザなどにつける普通のラー油のような香りがします。確かに「食べる」「具入り」といったキーワードはありませんでしたが、フライドガーリックやフライドオニオンは入っていないようです。


軽くかきまぜていただきます。まずニンニクのにおいがかなり強く、食べる前から余裕で分かるレベルなのですが、フライドガーリックの香ばしさはほとんど感じず、ただただニンニク臭いといった印象。スープはしょうゆ味なのですがかなり薄めで、ニンニクのにおいに完全に負けてしまっています。食べるラー油は香ばしさやごま油の香り、それと具の歯ごたえが決め手となると思うのですが、そのどれもが見あたらない味となってしまっていたのが残念です。単純にニンニクラーメンとしてなら食べられるものとなっていますが、食べるラー油を思わせる商品なだけに、あの味を求めて食べるとやや肩すかしを食らってしまいそうです……

・関連記事
セブンイレブンもラー油商戦に参戦、食べるラー油を使ったチルド商品3種試食レビュー - GIGAZINE

セブンイレブンの2週間限定販売メニュー「自家製ラー油で食べよう!炒飯」を食べてみました - GIGAZINE

いつものラインナップに突如現れたファミリーマートの「具入りラー油おにぎり」試食レビュー - GIGAZINE

具入りラー油決戦、「辛そうで辛くない少し辛いラー油」と「ぶっかけ!おかずラー油チョイ辛」を食べ比べしてみました - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log