ムービー

裸のカウボーイが自分と似ている裸のカウガールに利用料を要求


カウボーイハットにブーツとパンツ1枚のみを身につけて街中でギターをかき鳴らす「裸のカウボーイ」が、自分の商標権を侵害しているということで、ビキニ姿で同じようにギターを弾く「裸のカウガール」に対して、利用料を払うように要求したそうです。

詳細は以下から。
Naked Cowboy takes legal action against Naked Cowgirl | Metro.co.uk

ニューヨークのタイムズスクエアによく出現する裸のカウボーイことRobert Burckさんは、同じようにカウボーイハットをかぶってビキニを身につけている裸のカウガールことSandra Brodskyさんに自分と似た姿をやめるように要求したそうです。

タイムズスクエアで演奏する裸のカウボーイ。
YouTube - Naked Cowboy Times Square New York City 2003



裸のカウガールはこんな感じ。
YouTube - The Naked Cowgirl - J Love Rice Krispi Dance NYC



2人は一緒に演奏することもあったようです。
YouTube - Naked Cowboy Naked Cowgirl, Times Square



Sandraさんが写真撮影で利益を得る場合は「裸のカウボーイ契約」にサインをして、審査を受けて年間5000ドル(約44万円)か、月間500ドル(約4万4000円)を支払う必要があるとRobertさんは主張。しかし、SandraさんはRobertさんに対して何の義務も負っていないと反論しているそうです。

ちなみに、裸のカウボーイは以前にもM&M'Sが自分に似たキャラクターを使用していると訴訟をしています。

訴訟時のニュースでは、M&M'Sがタイムズスクエアにある店舗のディスプレイに登場させたキャラクターが見られます。
YouTube - FTD-Thema vom 16.02.: Naked Cowboy verklagt Mars



タイムズスクエアにはSandraさん以外の裸のカウガールが登場することもあったようです。
YouTube - Naked Cowgirl in times square


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
裸のメイドに4万ドルの宝石を盗まれる - GIGAZINE

世界で最も多くの訴訟をした男、自分を登録しようとしたギネスを訴訟する - GIGAZINE

現代のカウボーイによる男らしい牛の運び方 - GIGAZINE

家の中で裸になるのは無罪、アメリカの男性が判決を勝ち取る - GIGAZINE

名門オックスフォード大の学生がチャリティカレンダーでヌードに - GIGAZINE

in メモ,   動画,   Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.