メモ

大学教授からバーテンダーまで、女性にモテる9つの職業


女性にモテると言われているさまざまな分野の職業が9つ紹介されていました。

果たして「モテ」に直結するかどうか疑問の残る職業もラインナップされていますが、確かにどの職業も女性と接触する機会が多そうではあり、女性との出会いが多い分、意中の人を射止めることのできる確率は高いのかもしれません。


詳細は以下から。The Nine Everyday Jobs That Attract the Hottest Women | SPIKE

1:大学の教授


大学には当然ながら毎年若い女性が入学してきて、なおかつ彼女たちは「賢く思われたい」という意欲が強いため、尊敬の的となる大学教授はモテる職業と言えるのだそうです。

2:タトゥー職人


タトゥー(入れ墨)をすることで自己表現をしたがる女性は大抵タトゥーに入れ込んでいます。そして入れ墨を彫るには数時間かかるため、その時間と共通の話題を使って女性とお近づきになることができるようです。

3:離婚弁護士


離婚について争う法廷ほど、報復してやろうという闘争本能を駆り立てる場所はないようです。夫を見返してやろうと思う女性と離婚弁護士が恋に落ちる可能性は高いとのことですが、そうして始まった恋が長続きするかどうかは疑問の残るところです……

4:小児科医


子どもの急な発熱などに対応してくれる小児科医の頼もしさに、思わずクラッとくる女性は多いかも。

5:高級アパレルブランドの販売員


女性は買い物が大好きで、店員にアドバイスを求めた上で何時間もどれを買おうか思案することもあるので、男性店員は裕福な女性と出会うチャンスが多いかも。ただし、それに付き合えるだけの忍耐力と接客スキルは必要になりそうです。

6:結婚式場のカメラマン


結婚式には新郎・新婦の友人として多くの女性が出席し、そこで出席者同士が出会いを求めるといった場面も見られますが、あとでうわさになることを嫌った独身の女性が新郎・新婦と関係のない出席者にアプローチすることもあるかもしれません。そうなると、カメラマンは絶妙なポジションと言えるかもしれません。

7:豊胸手術を担当する医師


女性が手に入れたいと思うものを与えてくれる、という点では「モテ」に通じるのかもしれませんが、このような特殊な医者と患者との関係が本当に恋に発展するのか疑問は残るところです。

8:バーテンダー


照明が落とされた薄暗いムードのある雰囲気の中で、女性と対話できるバーテンダーは女性と出会う条件はかなりいいと言えます。本当はいけないことではありますが、こっそり意中の女性にその場で1杯サービスして喜ばせることもできるため、確かにアプローチも比較的しやすいのかもしれません。

9:ジムの専属トレーナー


体重を減らしたり筋肉をつけたりといった目標を定め、そのためのメニューを組んでくれるジムの専属トレーナーは、理想のボディを手に入れようと努力する女性にとって魅力的に見えるかもしれません。

簡単に就けないような職業が数多くあるような気がしますが、「モテ」を渇望し、絶えず追い求め続けている……という剛の者は、これらの職業に就く人の女性への接し方を学んでみると、ひょっとしたら経験値が上がるかもしれません。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「ルックス」と「経済力」に次ぐモテ要素が統計的に証明される - GIGAZINE

7年間Axe製品を使い続けたがモテなかったとして380万円を請求 - GIGAZINE

「声が小さいヤツの方がモテる」らしいことが判明 - GIGAZINE

自分の「非コミュ」度をチェックできる「非コミュ指数テスト」 - GIGAZINE

IQが高くなれば高くなるほど、性交渉経験率は下がっていく - GIGAZINE

ひたすら女性の泣き顔を見ることができるDVD「Crying Girl 泣き顔」が登場 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.