取材

衣のヘタレ具合があまりに違いすぎる天ぷらとトンカツ、粉が違うとここまで差が出る


日本食研は「唐揚げ粉販売日本一」とのことで、「から揚げの素No.1」「調味天ぷら粉サク味」「玉子たっぷりバッター」「打ち粉ミックス」など、さまざまな粉体調味料を出していますが、そのデモンストレーションが半端ないレベルでした。上記写真を見てもらえればわかりますが、同じ厚さ・同じ150グラムの重さに揃えた4つの肉を衣だけを変えて揚げてみたところ、こんなに差が出るよ!という例なのですが、あまりにも差が出すぎていてうさんくささ満載、本当は最初から肉のサイズが違うのではないか……?と疑いたくなるほど。

ほかにもエビの天ぷらで比較してみたり、いろいろと「それはマジなのか」というようなデモを行っていました。にわかには信じがたい詳細は以下から。
【楽天市場】揚げ物:日本食研業務用ストア


これがとんかつの比較。左が日本食研、右がふつうの作り方。


明らかに左の日本食研の方がぶ厚い。右のノーマルの方は衣と肉との間に隙間があるのがわかります。これが「肉が縮んだ」形跡だそうです。


日本食研はどういうマジックを使ったかというと、これ。「打ち粉ミックス」「玉子たっぷりバッター」「パン粉生地荒目」。


厳密には「打ち粉ミックス」と「玉子たっぷりバッター」がすごいらしい。


この組み合わせで作ればOKらしい。「衣が剥がれない!」「肉汁を逃さない!」「サクサクの食感!」というようになんだか期待の持てる煽り文句がずらずら。


実際に作るとこんな感じ。


50枚揚げた段階での揚げ油の汚れの差。


こんなに差が出るものなのか……。


で、次が天ぷら。


エビ天比較です。


朝8時に揚げたらしい。撮影時はちょうど12時頃だったので、4時間ぐらい経過しています。


小麦粉+卵のノーマル。


触ってみると、へにょへにょしている。そりゃ時間が経過すればこうなるのは当たり前。


対して日本食研の方はカチカチ。「なんだこりゃ、ロウ細工の食品サンプルのエビ天か?」と思うぐらい。なんだこれ。


「衣のへたりが違います!」とのことですが、そりゃ衣がこれだけサクサクカチカチなら差は出るよ……。


さらに揚げ玉比較。


調味天ぷら粉サク味 10kg」を使うと、ヘタれないらしい。


毎月3500軒の外食店で利用されており、日本食研の「外食業界向け商品で第1位の売上を誇る、超・超・超売れ筋商品」だそうです。なるほど、あの店の天ぷらがさくさくな理由はコレなのか……と思い当たるところがいくつか。


逆に言えば、これを使えば自宅でプロの味を再現できるのでは……。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
伝説の山盛り若鶏唐揚げを秋葉原のヨドバシ8Fにある「ザ・海峡」で食べてみた - GIGAZINE

フライパンで10分以内に「揚げずにカリッとサクサクからあげ」を作る - GIGAZINE

唐揚げをあっという間に「チキン南蛮」に変えてみるレシピ - GIGAZINE

第13回 FABEX 2010開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

in 取材,   , Posted by darkhorse

You can read the machine translated English article here.