取材

和月伸宏、藤島康介など有名漫画家から「ガンダム00」水島精二監督まで、多数の応援メッセージが寄せられた「劇場版トライガン Badlands Rumble」パネル


1998年にテレビアニメ化された内藤泰弘のマンガ「トライガン」が12年の時を越え、2010年4月24日に「劇場版トライガン Badlands Rumble」として復活します。キャラクターはもちろんそのままに、オリジナルのストーリーが展開される予定で、3月13日からは特典付き前売券が発売されています。

東京国際アニメフェア2010では、漫画家、アニメ監督、演出家など業界の名だたる人たちからの応援メッセージが寄せられたパネル展示が行われていました。

詳細は以下から。
パネルはこんな感じです。


「ウゴウゴルーガ」キャラクターデザインの青木俊直、フィギュア「武装神姫」シリーズの基本素体原型や「figma」の基本コンセプトなどを手がける原型師の浅井真紀、「鋼の錬金術師」の荒川弘、アニメ「DEATH NOTE」監督の荒木哲郎、「それでも町は廻っている」の石黒正数、「機動戦士ガンダム00」でガンダムエクシアやガンダム00をデザインした海老川兼武、「コードギアス 反逆のルルーシュ」シリーズ構成の大河内一楼、「ウィッチブレイド」監督の大橋誉志光、「かんなぎ」「R.O.D -READ OR DIE-」シリーズ構成の倉田英之、「機動戦士ガンダム00」シリーズ構成の黒田洋介、「ココロ図書館」の高木信孝、ゲームシナリオライター・アニメ脚本家の高橋龍也、「月姫」「Fate/stay night」キャラクターデザインの武内崇、「おひとり様物語」の谷川史子、コミック版「スクライド」の戸田泰成


アニメーター・石浜真史、漫画家・伊藤真美、イラストレーター・羽音たらく、漫画家・高河ゆん、小説家・佐藤大輔、アニメ監督・佐藤竜雄


漫画家・氷川へきる、漫画家・ヒロモト森一、漫画家・藤島康介、漫画家・Boichi、アニメ監督・松尾衡、漫画家・森山大輔、メカニックデザイナー・柳瀬敬之、漫画家・山田秋太郎、漫画家・やまむらはじめ、漫画家・六道神士


漫画家・松本嵩春、アニメ監督・水島精二、イラストレーター・水無月徹、漫画家・むっく、漫画家・和月伸宏


ニトロプラスのシナリオライターでアニメ「ブラスレイター」のシリーズ構成や小説「Fate/Zero」などを手がけた虚淵玄さんからは、熱い思いを込めた長文メッセージ。


ゲーム「月姫」「Fate/stay night」のシナリオを手がけたシナリオライター・小説家の奈須きのこさんからも長いメッセージが寄せられていました。


ブースではヴァッシュがチラシを配っていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
プリキュアやまんとくんが開幕を見守った「東京国際アニメフェア2010」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

とにかくお人好しな600億$$の賞金首・ヴァッシュの活躍を描くガンアクション「トライガン」、2010年春公開の映画公式サイトがオープン - GIGAZINE

in 取材,   映画,   アニメ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.