ムービー

200度以上の高熱にも耐えられるカーボンファイバー製の箸


家庭で常用する箸の素材としては、熱の伝わりにくさなどの使い勝手や価格の安さから木やプラスチックが用いられていますが、軽量で高い耐久性を誇ることから自動車や自転車以外にもロケットや航空機、テニスラケット、さらに剣道の竹刀などにも応用されているカーボンファイバー(炭素繊維)で作られている箸もあるようです。

詳細は以下から。
Carbon Fiber Chopsticks With Matching Carbon Fiber Rest Carbon Fiber Gear

カーボンファイバーらしさのある黒い光沢のデザイン。


年輪のようなライン。


箸置きもカーボンファイバー製。


摂氏200度以上の加熱に耐えられる素材で、高品質な航空宇宙向けカーボンファイバーを使用しているとのこと。


紹介用のムービーもあります。
YouTube - Carbon fiber chopsticks from CarbonFiberGear.com



カーボンファイバー製のものは高価なことが多く、この箸もご多分に漏れず販売価格は149.95ドル(約1万3000円)となかなか高額。長く使うものなので、道具は機能性にこだわりたいという人にはいいかもしれません。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
フルカーボンの近未来型インラインスケート「Chariot Skates」 - GIGAZINE

強度はダイヤモンド並、ボウガンで狙撃してもキズが付かない液晶モニター - GIGAZINE

防弾性能のある100万円のポロシャツ - GIGAZINE

世界一丈夫な防弾USBメモリが本当に防弾できるのか検証 - GIGAZINE

in メモ,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.