メモ

友人や家族のパンツを食い込ませるイタズラ「ウェッジー」の写真いろいろ


誰かのパンツの後ろ側を引っ張り上げるイタズラは俗語でWedgie(ウェッジー)と言い、くだけた雰囲気のパーティーなどでやっているところが見られるようですが、なぜかそのウェッジーの写真をいろいろとまとめている記事があったので紹介します。やっている人もやられている人も楽しそうなものから、絶叫しているようなものまで様々なウェッジーがあることがわかります。

詳細は以下から。
25 Atomic Wedgies

やった側は楽しそうで、やられた側は本当に痛そうな顔をしています。オンラインスラング辞書のWedgieの項目によると、イケてる男子がイケてない男子にやるイタズラだそうなので、これはまさに定義通りのウェッジーと言えるでしょう。


こちらも定義に当てはまっていそうなウェッジー。演技っぽいですが、やられている男性の絶叫が伝わってきます。


カウボーイ気分なのか、パンツを掴んで左手を高々と挙げた男性。


たとえネクタイにスラックスという格好でも、やられるものはやられます。


体が持ち上がるぐらいのウェッジー。これは、やられた側は抵抗できないので大変です。


子どももウェッジー。


恥ずかしいのか、カメラの方を向かない少年。


ここからは楽しそうなウェッジー。お父さんが子どもをつり上げているのでしょうか。


これも同じようなシチュエーション。パンツがひものようになっています。


寝転んでも防御不能、それがウェッジー。


被害に遭うのは男性だけとは限りません。


右側の女性の「見なさい!」と言わんばかりの表情が面白い。


みんなでウェッジー。


やっている側もやられている側も「どや!」って感じです。


ライトなウェッジー。これぐらいなら痛くなさそうです。


水着でもウェッジー。


さらに高等なものになると、脱がせたパンツを足に絡ませたりするようです。


頭に被って、セルフウェッジー。この姿は他人に見られたくありません。


ここまで来るとやり過ぎです。強盗にしか見えません。


くれぐれもウェッジーをやる際は仲のいい人と合意の上でやるようにしましょう。

・関連記事
偽iPhoneを地面に接着して人々の反応を見るイタズラムービー - GIGAZINE

街中でイタズラをしてくる男に回し蹴りを決めるサンタのムービー - GIGAZINE

横断歩道を途切れることなく人が渡り続けるイタズラのムービー - GIGAZINE

サルに格闘技の鍛錬をしていた男性、芸術的な跳び蹴りを浴びせられる - GIGAZINE

チャリティーのために寒空の下で半裸になった大量のサンタたちがランニング - GIGAZINE

街頭の大画面スクリーンに無修正ポルノを流した男が逮捕される - GIGAZINE

出した手紙をバラバラにする、デストロイヤーなポストを使ったイタズラのムービー - GIGAZINE

in メモ,   Posted by logc_nt