映画「サマーウォーズ」が「ヱヴァ:序」を抜き、アニメ作品史上最高のブルーレイ初動売上枚数を達成


2009年夏に公開された映画サマーウォーズのBlu-ray DiscとDVDが3月3日に発売されました。その売上結果がオリコンの3月15日付ランキングに登場、週間のBDランキングで初動売上が5万4000枚だったことが明らかになりました。

これは、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 EVANGELION:1.11 YOU ARE (NOT) ALONE」の4万9000枚を上回る記録で、アニメ作品としてはもちろん第1位の記録。BD全体でも、2010年2月発売の「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」(初動26.1万枚)に継ぐ第2位の快挙です。

詳細は以下から。
「サマーウォーズ」DVD首位発進。エヴァ超え歴代1位 | 日テレNEWS24

「サマーウォーズ」は2009年8月1日から公開された映画で、監督は2006年に「時をかける少女」で話題をさらった細田守。公開は4ヶ月近くも続く興行となり、その動員数は123万人にも達しました。国内外問わず評価も高く、第13回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門の大賞であるほか、第33回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、毎日映画コンクールアニメーション映画賞、シッチェス・カタロニア国際映画祭アニメーション部門最優秀長編作品賞などを受賞しています。

BD&DVDは3月3日から発売となり、3月10日にその売上速報が出たわけですが、DVDは5万5000枚、BDは5万4000枚で、発売初週から合計10万枚オーバーという売上をたたき出しました。アニメ作品のBDが発売初週で5万枚を突破するのは史上初。これまでは「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」が4万9000枚で長らくトップの座にあり続けましたが、これを追い抜きました。

最近は、テレビアニメ「化物語」も2月末に発売されたブルーレイ第5巻が初動売上4万6000枚を記録、第4巻「なでこスネイク」は初動で約4万8000枚という数字を出すなど、「エヴァ」の記録に迫っていましたが、「サマーウォーズ」が先に抜いていった形です。「化物語」はまだBD&DVD第6巻「つばさキャット(下)」が控えているので、こちらの数字も楽しみなところ。

ちなみに、5月26日発売予定の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」BD&DVDは予約開始1週間で8万8000本の予約があり、勢いでいうと「THIS IS IT」以上。予約しないで購入する人がどれぐらいいるかは不明ですが、かなりの数字になりそうなのは確かです。

・関連記事
2010年春季放送開始の新作アニメ一覧 - GIGAZINE

最高レベルのCGを駆使し、他には考えられないキャストを揃えた映画「サマーウォーズ」の細田守監督へインタビュー - GIGAZINE

3月6日公開の映画「イヴの時間 劇場版」の吉浦康裕監督に作品や今後についてインタビューしてきた - GIGAZINE

映画「河童のクゥと夏休み」や「クレヨンしんちゃん」シリーズの原恵一監督最新作は「カラフル」、来年公開か - GIGAZINE

8月1日公開のアニメ映画「サマーウォーズ」、劇場用の最新予告編が登場 - GIGAZINE

0

in アニメ, Posted by logc_nt