メモ

意外と知らないおっぱいの真実15個

(by craigfinlay)

いつの時代でも、子どもだけでなく大人の男性たちの興味を引きつける存在「おっぱい」。そんなおっぱいについてあまり知られていない真実を紹介します。

意外と女性も知らないと思われることも多く、ちょっとした雑学として知っておいてもいいカモしれません。

詳細は以下より。
15 Things You Should Know About Breasts

1:平均的なおっぱいの重さは1.1lbs(約500グラム)で、全身の脂肪の4%から5%に相当するそうです。


2:男性器と同じように、刺激するとふくらむ。


3:立った時の女性の乳首の高さの平均は8分の3インチ(約0.95cm)になるらしい。


4:アメリカ人女性の平均サイズは36C(トップ95cm・アンダー80cmのCカップ)、15年前は34B(トップ88cm・アンダー75cmのBカップ)と、ここ15年でバストのサイズが上がっているようです。


5:中世では小さくて左右のおっぱいが離れている方が人気だったらしい。


6:2008年にアメリカで豊胸手術が行われた数は30万7230件。一方、鼻の整形手術は27万9000件、脂肪吸引は24万5000件と豊胸手術より少ない。


7:豊胸手術の平均費用は約3700ドル(約33万円)。


8:2008年に2万967人の女性が胸を小さくする手術を受けている。同じように1万7902人の男性も胸を小さくする手術を受けているそうです。


9:昔は豊胸手術に象牙・ゴム類・牛の軟骨・ポリエステルなどが使われていたらしい。


10:世界で最も豊胸した女性はアメリカのヒューストンに住むSheyla Hersheyさん。Sheylaさんは現在1万cc(10リットル)のシリコンを注入しているそうです。


11:ブラジャーの原型となるものは紀元前7世紀頃から存在しており、本格的に生産され始めたのは1930年代からなんだとか。


12:一部トップレスが認められている地域があるそうです。どうしてもブラジャーを着けたくないという人はハワイ州、テキサス州、オハイオ州、ニューヨーク州、メイン州に行くといいかも。


13:母乳は牛乳よりも甘みが強く、ビタミンE・鉄分・必須脂肪酸などが多く含まれ、ナトリウム分が少ない。


14:生まれたての赤ちゃんからは「魔乳」と呼ばれるミルクが出ることがあります。「探偵!ナイトスクープ」ではニューハーフからもミルクが出ることが報告されています。


15:肌の弾力性の元となるエラスチンが破壊されるため、垂れたおっぱいになりたくないのであればタバコを吸ってはいけないそうです。

・関連記事
運動時にスポーツブラを着けないとおっぱいが垂れる危険があるのにつけていない女性が7割、バストの揺れと乳房下垂の関係 - GIGAZINE

おっぱいを小さくする手術を受ける男性が増えている - GIGAZINE

おっぱいについて知っておくべきほんのささいな5つのこと - GIGAZINE

路上でおっぱいをさらけだしていた少女、車にはねられる - GIGAZINE

in メモ,   Posted by darkhorse_log