取材

好きなマンガは「サーキットの狼」「リングにかけろ」という徳島県知事が初音ミクとツーショット撮影


徳島県内だけではなく全国でも精力的に活動を行う改革派知事の一人とされる飯泉嘉門徳島県知事。「マチアソビ」は徳島を遊び尽くすイベントということで、今回は知事が公開録音などにも参加、あちこちでファンに囲まれたり、初音ミクとツーショット写真を撮られたりしていました。

詳細は以下から。
東新町アーケード内のコルネ広場で行われたラジオの公開録音。


近藤隆さん、阿久津加菜さん、葉山いくみさん、市来光弘さんによる「マチアソビラジオ」の第2回録音のようです。


その後「つきねこラジオ」の公開録音をはさんで…


飯泉知事が登場。「何でもベスト3」のコーナーで、「最近腹が立ったこと」という質問に「マスコミが来ているから…」と言いつつも「関西の空港再編の話の中で、橋下大阪府知事が『徳島空港もいらない』と発言したこと」とズバッと言い切り、逆にMCだった近藤さんらが戸惑う場面も。その後、橋下知事は飯泉知事のもとを訪れ、言い過ぎだったと謝ったとのことで、今は特にしこりはないようです。さらにこのあと「得意なモノマネ」として広川太一郎やデーモン小暮を披露するなど、ひょうきんな面も見せていました。


その様子を見守る、妙に背の高いシャア。10月の眉山山頂でもちょこちょこ目立っていた、あの人です。


公録の終了後、知事はアーケードにいた初音ミクと記念撮影。


初音ミクの中の人はてっきり商店街の偉い人か何かだと思ったそうで、後で知事だったと知って驚いたとか。


他方、「とくしま円卓会議」では進行を務めました。パネリストかと思いきや知事が進行を始めたので、ちょっと驚きました。


円卓会議の参加者は飯泉知事のほか、アニメ制作会社ユーフォーテーブルの近藤光プロデューサー、「空の境界 第三章 痛覚残留」「トリコ」の小船井充監督、FMびざんでパーソナリティを務めている谷銀河さんの4名。


谷さんは現役女子大生パーソナリティ。なお、名前(谷 銀河)は芸名と勘違いされることが多いものの、本名だそうです。


会場の年齢層は20~40代が中心。「アニメで町おこしをしているというつもりはない」という近藤プロデューサーの話に、真剣に耳を傾けていました。


隣の部屋も、ビデオ中継で会議の様子が見られるようになっていました。こちらは年齢層が若めでした。


話はやはりアニメプロデューサーとアニメ監督がいるということもあって、アニメ方向で盛り上がりを見せました。飯泉知事は「これはナイショですよ」と言いつつ、愛読書が週刊少年ジャンプであることを暴露。好きなマンガは「サーキットの狼」や「リングにかけろ」だそうです。「宇宙海賊キャプテンハーロック」の話を振られた瞬間に「敵のマゾーンが…」と固有名詞を出してきたため「詳しいですね!?」と近藤プロデューサーが驚く場面も。コレは近藤プロデューサーと小船井監督。


なぜか会議の末席に座っていた初音ミク。


なんと、阿波おどりにコスプレ連を出そうかという計画があるんだとか。県知事もノリノリだったので、ひょっとすると徳島は観光立国ならぬサブカル立国してしまうかもしれませんね……。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
前代未聞の徳島で行われた一大アニメイベント「マチ★アソビ」2日目、関係者一同の想像を絶する参加者数を達成 - GIGAZINE

わずか5分という怒濤の勢いで100人以上はいたと思われるファンが声優とハイタッチした「ハイタッチ会」 - GIGAZINE

有名マンガ家や人気声優の各種サインやポスターの飾られている「マチアソビ2 ポッポ街特設会場」 - GIGAZINE

in 取材, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.