「アバター」が全世界興行収入で18億5500万ドル以上を達成、ついにタイタニックを抜く見通しであることが明らかに


世界中で驚異的なヒットを記録しているジェームズ・キャメロン監督の最新作「アバター」が、1月25日(月)時点での全世界興行収入で18億5500万ドル以上を達成する見通しとなり、同じくキャメロン監督作品が手がけた大ヒット作「タイタニック」(1997年)が保持していた全世界歴代興行収入記録である18億4290万ドルを抜いて、歴代新記録を達成することが明らかになりました。

「タイタニック」の記録は約1年半かけて達成したものである一方、「アバター」はそれを公開後わずか39日間で塗り替えたということからも、「アバター」のヒットが驚異的なものであることが分かります。

詳細は以下から。
映画「アバター」オフィシャルサイト

「アバター」は、これまでに4作品しか記録したことのない”全世界興行収入10億ドル突破”という記録を史上最速となる公開後17日間で達成。公開後21日間で興収は11億3165万ドル(約1020億円)にまで達し、「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」の11億1910万ドルを抜いて歴代2位となりました。歴代1位である「タイタニック」の記録を塗り替えるのも時間の問題だと言われていましたが、「タイタニック」が約1年半かけて達成した数字を、ついにこのたび、公開からわずか39日間で塗り替えるという驚異的なスピード記録を達成しました。

ジェームズ・キャメロン監督は、作品が全世界歴代興行収入ランキングの1位2位を独占するという、前代未聞の快挙を成し遂げたことになります。

日本でも「アバター」の興収は早くも公開後約1ヶ月で70億円を突破し(1月26日現在)、興収ランキングでは5週連続1位を記録。 2009年公開作品の中では「ROOKIES (ルーキーズ) 」や「ハリー・ポッターと謎のプリンス」と抜いて、史上最速での70億円突破となっています。

また、全米でもトータル興行収入は1月26日時点で5億5200万ドルを突破、歴代1位の「タイタニック」(約6億ドル)をそろそろ追い抜くところまで来ています。なお、「タイタニック」は5億ドルを突破するのに98日間かかりましたが、「アバター」はその3分の1、わずか32日間で達成。これは全米興収5億ドル突破の最速記録です。そのほかにも歴代3D映画の興収1位、2009年全米公開全作品の興収1位、公開2週目から6週目までの各週すべてで興収新記録を達成しています。

先日発表された第67回ゴールデングローブ賞ドラマ部門で作品賞、監督賞の主要2部門を受賞し、さらに、第82回アカデミー賞でも多くの部門でのノミネートが期待されています。1997年当時は多くの有力候補がいたにも関わらず「タイタニック」は数ある賞を総なめにして、アカデミー賞史上最多となる計11部門を獲得しましたが、「アバター」はいったいどれだけの賞を受賞するのか、大変気になるところです。

「アバター」はTOHOシネマズ日劇ほか全国劇場にて好評公開中。(配給:20世紀フォックス映画)

© Twentieth Century Fox. All rights reserved.

・関連記事
ハリウッド超大作映画のプロデューサーは一体何をしているのか、「アバター」プロデューサーのジョン・ランドーに聞いてみた - GIGAZINE

前代未聞の3D生中継で立体的なキャメロン監督が登場、「アバター」大阪ジャパンプレミアに行ってきました - GIGAZINE

【GIGAZINE先行独占配信】近未来の兵器映像&日本未公開シーン満載の「アバター」日本語字幕付き特別ムービー公開 - GIGAZINE

0

in 映画, Posted by darkhorse_log