ムービー

「YouTube VIDEO AWARDS JAPAN 2009」発表、アニメ部門は「フミコの告白」が入賞


YouTubeが「YouTube VIDEO AWARDS JAPAN 2009」を発表しました。これは2009年にYouTubeに投稿された動画の中から「アニメーション」「ブログ・ハウツー」「ペット・動物」「音楽」「実写・特撮」「乗り物・テクノロジー」「風景・夜景・自然」の7部門で再生回数やコメント数などの観点から74本の動画をノミネート。ユーザー投票を行って、それぞれの部門の入賞動画を選出したものです。

アニメ部門は「フミコの告白」が受賞したほか、それぞれ入賞動画はさすが選ばれただけはある、見ておいて損はない動画ばかりです。

詳細は以下から。
YouTube - YTVawardsJP2009 さんのチャンネル

アニメ部門13作品の中から選ばれたのは、ある少女の告白とその後をドラマティックかつアクロバティックに描く自主制作アニメとしてGIGAZINEでも紹介した「フミコの告白」。制作したのは京都精華大学マンガ学部アニメーション科に通う石田祐康さん。ちゃんと前提を知っていないと、GAINAXかどこかのスタッフが作ったアニメかと思うぐらいのクオリティです。

YouTube - 自主制作アニメ 「フミコの告白」 Independent production anime「Fumiko's Confession」


音楽部門入賞動画は「SOUR '日々の音色 (Hibi no neiro)'」。SOURのミニアルバム「WATER FLAVOR EP」に収録されている「日々の音色」をBGMに、分割された画面をいかしたミュージッククリップの映像が流れる作品。
YouTube - SOUR '日々の音色 (Hibi no neiro)'


実写・特撮部門の入賞動画は「I AM ROBOT 僕はロボットだ」。グレートマジンガーや勇者ライディーンを見てロボットに憧れるうち、本当にロボットになった青年のお話。ちょっと切ない、2分ちょっとの動画です。
YouTube - I AM ROBOT 僕はロボットだ


ハウツー・ブログ部門の入賞動画「少ない髪でリボン編 Hair Tutorial Ribbon with little hair」。「美のススメ」チャンネルではいろいろなヘアアレンジ動画をアップしていますが、その中から少ない髪でうまくリボンを使ったアレンジの動画が選ばれました。
YouTube - 少ない髪でリボン編 Hair Tutorial Ribbon with little hair


動物部門の入賞動画「大きな箱とねこ。」。大きな空き段ボールを目の前に、猫はワクワクが止まらないようです。
YouTube - 大きな箱とねこ。


テクノロジー・乗り物部門の入賞動画「頭洗えよ!」。作業を終えて泥まみれの重機が、オペレーターによってピカピカに洗い上げられます。オペレーターの重機への愛が感じられる動画ですね。
YouTube - 頭洗えよ!


風景・夜景・自然部門の入賞動画「miniature city 2 -featuring vividblaze "tight rope (floor mix)"-」。ミニチュアの町の空撮映像だそうですが、まるでシムシティを見ているかのようなワクワク感。
YouTube - miniature city 2 -featuring vividblaze "tight rope (floor mix)"-


すでにYouTubeは映像クリエイターの発表の場として機能しているのか、惜しくも入賞を逃した作品の中にも質の高いものが散見されました。2010年はいったいどんな動画が投稿されるのでしょうか。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
2010年冬季(新春)放送開始の新作アニメ一覧 - GIGAZINE

YouTubeが一部有料化へ、月額課金などの導入を検討していることが明らかに - GIGAZINE

Windows7を使ったマルチメディアテーブルでムービーを流した謎のヒーロー「音速のジャスティス」 - GIGAZINE

in 動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.