試食

「マクドナルドを生んだアメリカ」をイメージしたマクドナルド「ビッグアメリカ」4種類試食レビュー テキサス編


1月15日以降発売されるマクドナルドの新商品・ビッグアメリカシリーズが1月8日から11日まで先行販売されています。販売はすべての店舗で行われているわけではなく、さらに店舗によって4種類のうち1種類だけを販売するというスタイル。

というわけで、まずは尼崎のCOCOEあまがさき店でカリフォルニアバーガーを食べ、次はテキサスバーガーを販売している店舗へ向かうことにしました。

詳細は以下から。
テキサスバーガー | メニュー情報 | McDonald's Japan

テキサスバーガー先行販売店舗はこんな感じ。今回は川西モービル店を訪れました。


先ほどのCOCOEあまがさき店は商業施設内だったので店内ポスターなど中心でしたが、郊外店舗だとこのように大きなバナーが出ているようです。


駐車場の入口では店員さんがテキサスバーガーをアピール中。(写真は苦手とのことでしゃがんでいるため映っていません)


隣にモービル石油があったので店名が「川西モービル店」なわけですが、モービル石油は潰れてしまいました。境目を示すフェンスにもテキサスバーガーのポスターが。


店内でももちろん猛アピール。そのおかげか、平日昼間にもかかわらず結構な混雑っぷりでした。店員さんによると「こんなに混むのは珍しいです。この新商品は限定品なので、食べに来てもらって嬉しいです」とのこと。


コレがテキサスバーガー、420円。


もちろん100% BEEF。


かなり丸々としたハンバーガーです。


バンズは丸くてふっくらとしたタイプ。ちょっとロッテリアの絶品チーズバーガーっぽいかも。ただし、甘みはありません。また、ビッグマックのような二段のバーガーになっています。


一段目はベーコンとフライドオニオン。


二段目はパティとチーズ。


バーベキューソースと粒マスタードレリッシュ。「ハンバーガーといえば肉!」というイメージを具現化したバーガーで、クォーターパウンダーとは別アプローチでアメリカンテイストを突き詰めた感じ。セットでポテトとかがついているとしんどいかも。バーベキューソースの甘味・酸味と肉の旨味がよく調和していて、結構バクバクと食べられます。


ということで、二つ目も制覇。さらに次の店舗へと向かいます。

ハワイ編に続く。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「マクドナルドを生んだアメリカ」をイメージしたマクドナルド「ビッグアメリカ」4種類試食レビュー カリフォルニア編 - GIGAZINE

食べても食べても肉の山、パティ7枚重ねのバーガーキング「Windows7 WHOPPER」試食レビュー - GIGAZINE

海のごちそうをパティ代わりに使用、モスバーガーの期間限定「ごちそうツナバーガー」試食レビュー - GIGAZINE

クォーターパウンダーに生まれた新たなる兄弟、「クォーターパウンダー・ベーコン&バーベキュー」試食レビュー - GIGAZINE

マクドナルドの極秘研究施設で新商品「クォーターパウンダー・レタス&トマト」を一足先に試食してきた - GIGAZINE

マクドナルドの極秘研究施設「Studio M」の中ではいったい何が行われているのか? - GIGAZINE

in 試食, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.