取材

「ジャンプフェスタ2010」屋台村で売られていた、少年ジャンプ連載作品をイメージした食べ物いろいろ


会場外側の様子会場内部の様子とお届けしてきた「ジャンプフェスタ2010」、最後は「ジャンプ屋台村」で売られていた、連載作品をイメージした食べ物いろいろの紹介です。「ONE PIECE」「BLEACH」「NARUTO」「銀魂」など、人気作品のメニューが揃っているため、行列に並ぶ人が後を絶ちませんでした。

詳細は以下から。
メニュー一覧はこんな感じ。


こちらがサンプル。


手前がドリンクコーナー、奥が屋台村コーナーとなっています。


こんなに行列していますが、待ち時間は最大でも20分ほど。


行列は作品別に分かれています。「家庭教師ヒットマンREBORN!」列では注文票が用意されていました。


その「家庭教師ヒットマンREBORN!」は待ち時間10分。「ONE PIECE」や「トリコ」はほとんど待ち時間0で購入できたのですが……。


この時点で最長の行列だったのは「銀魂」。まるで作品別人気投票のような様相を呈しています。


ということで、買ってきました。


「銀魂」から「土方スペシャル!豚すき焼き丼マヨネーズ付き」600円。マヨネーズをこよなく愛する土方らしい品です。


ふたを開けるとすき焼き丼が登場。


そこに自分でマヨネーズをかけて完成。


マヨネーズとすき焼きとの組み合わせは意外とイケますが、もともとのすき焼きの味がかなり薄いのでちょっと物足りないような…。


こちらは「甘党銀さんが認めたコッペパンサンド」400円。


その名の通り、コッペパンにクリームとイチゴがサンドされた甘口パン。


しかも、クリームは見た目以上にぎっしりと入っています。しかも底にはイチゴジャムが敷いてあるという徹底っぷり。さすが主人公メニューです。


こちらは「トリコ」から「BBポップコーン」300円。


ポップコーンがデカい。普通のポップコーンよりも食感がサクサクしていて、お菓子っぽさが増しています。チョコ風味もよく合っているので、これは普通にお菓子として発売して欲しいかも。


これは「PSYREN-サイレン-」から「暴王のパフェ(メルゼズ・パフェ)」400円。


上に乗っているのは丸チョコ。


中に入っているのはチョコではなく、サクサクしたシュー生地。


底はコーヒーゼリーになっています。取り合わせはおいしいのですが、ホイップクリームの量が多すぎてちょっと胃にキツい。


おまけ、ドリンクコーナーで販売されている「ジャンプフェス茶」150円。


中身は普通の緑茶です。


ジャンプ漫画のキャラクターたちが描かれています。「ぬらりひょんの孫」奴良リクオ。


「こちら葛飾区亀有公園前派出所」両さん


「あねどきっ」萩原なつき


「いぬまるだしっ」いぬまる


「ONE PIECE」ルフィ


「BLEACH」黒崎一護


「SKET DANCE」ボッスン


「NARUTO」うずまきナルト


「家庭教師ヒットマンREBORN!」リボーン


「バクマン。」真城最高


この他にも数多くのメニューが用意されているので、好きな作品のメニューを制覇してみて下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「ゴージャス☆デリシャス☆デカルチャぁ~♪」のCMソングで有名な「超時空飯店 娘娘(にゃんにゃん)」のランチを食べてみた - GIGAZINE

波動砲に見立てたホットドッグなど、サークルKサンクス「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」タイアップメニュー全5種類試食レビュー - GIGAZINE

「FINAL FANTASY XIII ELIXIR」全16種類フォトレビュー、ポーションよりもカフェインが約4倍にパワーアップ - GIGAZINE

「テイルズオブ」シリーズの体力回復アイテムがレトルト化されたハウス「マーボーカレー」全2種を食べてみた - GIGAZINE

in 取材,   試食, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.