JOYSOUNDが2009年カラオケランキングを発表、1位はGReeeeNの「キセキ」、2位は「残酷な天使のテーゼ」


ニコニコ動画関連の楽曲や「東方Project」関係の同人音楽まで充実していることで知られるカラオケ「JOYSOUND」が2009年にもっとも歌われたカラオケランキングを発表しました。総合ランキング第1位となったのはドラマ「ROOKIES」の主題歌として大ヒットしたGReeeeNの「キセキ」。第2位は「新世紀エヴァンゲリオン」主題歌の「残酷な天使のテーゼ」がランクイン。この2曲はともに2008年にも1位2位を飾った楽曲ということで、この1年間も人気は不動のものだったようです。

詳細は以下から。
特集:注目特集!年間ランキング|JOYSOUND.com

総合ランキング1位となったのはGReeeeNの「キセキ」。2008年5月28日に発売された7thシングルで、ドラマ「ROOKIES」の主題歌。着うたのダウンロード数も総計590万を越えるなどしています。

第2位は高橋洋子の「残酷な天使のテーゼ」。アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌で1995年の曲ですが、今年”2009 VERSION”が発売されました。もともと人気の高いアニメソングの一つですが、近年パチンコ機や映画がヒットしたことで総合ランキング内でもかなり上位にきているようです。

第3位はHYの「366日」。映画・ドラマ「赤い糸」の主題歌です。

このほか、ニコニコ動画出身でメジャーデビューを果たしたsupercellが2曲ランクインしていたり(第9位:メルト、第11位:ワールドイズマイン)、May'n/中島愛「ライオン」、ランカ・リー=中島愛「星間飛行」といったマクロスFの楽曲、「あなたと合体したい…」のフレーズを使ったパチンコCMが大ヒットした「創聖のアクエリオン」など、少なからずアニメ関係の楽曲がランクインしているのが見受けられます。

少なくとも10年ほど前、CDを出せばミリオン連発という時代は名だたるミュージシャンの曲が歌われていたような気がするのですが、最近は音楽事情も変わってきているのでしょうか。

総合ランキングのほか、アーティストランキング、アニメ・特撮・ゲームランキング、洋楽ランキング、演歌・歌謡曲ランキング、VOCALOID系ランキング、東方系ランキング、Wiiランキングが発表されているので、どのジャンルでどんな曲が人気なのかチェックしてみてください。

・関連記事
マニアックな曲を収録していることで定評のあるカラオケ「JOYSOUND」と「UGA」が合体へ - GIGAZINE

私の歌を聴けぇーっ!カラオケを深く楽しめる無料サービス「DAM★とも」を使ってみた - GIGAZINE

1年間の分配額をもとに決定されるJASRAC賞、銀賞に「創聖のアクエリオン」、国際賞は「明日のナージャ」 - GIGAZINE

年越しイベント「アニソン紅白2009」が開催決定、豪華声優陣も登場 - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by logc_nt