ムービー

体長6メートルの超巨大な怪獣着ぐるみ 「で怪獣」をウルトラマンで有名な円谷プロが開発


日本を代表する特撮ヒーロー「ウルトラマン」を生み出した円谷プロが、体長6メートルの超巨大着ぐるみ「で怪獣」を開発し、実際に動かしているムービーがYouTubeで公開されています。

この「で怪獣」は一人で軽やかに動くことができる上に、口から煙を噴くことができるという優れもの。怪獣独自のリアリティも実現しており、非常にクオリティーの高いものに仕上がっています。


「で怪獣」が暴れ回る背景に民家などが建ち並んでおり、非常にシュールで違和感を感じます。

ムービー再生は以下より。
YouTube - 体長6m ! 円谷の超巨大着ぐるみ「で怪獣」登場


これが巨大着ぐるみ「で怪獣」。第1弾として登場したのはウルトラマン第23話にも登場した「古代怪獣ゴモラ」。


体長(角からしっぽまでの長さ)は6メートル、身長は3メートル。人と並ぶとどれだけ巨大なのかわかります。


詳細なところまで丁寧に作られている。


横はこんな感じ。


後ろ。しっぽもかなり長い。


ズンズン。


ズンズンズン。


ズンズンズンズン。


ズンズンズンズンズン。


ぎゃあぁぁぁぁ!


口から煙を噴出。


実際に煙を浴びてみたくなりますね。


円谷プロのプレスリリースによると、これだけの大きさにもかかわらずスーツアクター1人で基本的な動きができるように設計されているとのこと。

今後「で怪獣」は劇場映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」(12月12日公開)のプロモーションで活躍させながら、テレビCM・各種キャンペーン・企業イベント・アトラクションショーなどに向けた事業に活用していきたいとしています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
光の国のピンチにウルトラセブンの息子・ゼロが立ち上がる「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」予告編 - GIGAZINE

やたらリアルな怪獣襲撃映画「CLOVERFIELD」、あまりにリアルすぎて映画館に注意書き登場 - GIGAZINE

何かとんでもない怪獣がニューヨークを襲う映画「CLOVERFIELD」 - GIGAZINE

どう見ても怪獣大戦争、赤ちゃんを題材にした人形アート - GIGAZINE

一般フロアに出現していた巨大キングギドラとゴジラ - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.