ムービー

もはや兵器、巨大カボチャを圧縮空気でぶっ飛ばすパンプキンキャノンの世界


筒の先にコルクの弾を詰めてピストンを押すと「ポン!」という音とともに飛び出していく空気鉄砲は子どものおもちゃとしてポピュラーなものですが、大人になってもその楽しさが忘れられず、巨大カボチャを圧縮空気で1キロメートル以上撃ち出すパンプキンキャノンで遊んでいる人達がかなりの数でいるようです。

詳細は以下。
これが射程距離の世界記録をもつパンプキンキャノン、「アルディウムQ36 カボチャ投射装置」

YouTube - Guiness World Record Pumpkin Chucker



このカボチャを打ち出します。一つ約10ポンド(約4.5kg)


まるでクレーンのような砲身。


後部は圧縮空気のタンクになっています


ベースは油圧ジャッキでがっちりと固定。


距離の測定はこのように落下地点まで行ってGPSで行います。


発射の瞬間。はるか彼方に向かって打ち出されるカボチャ。


アルディウムQ36は1998年に当時の世界記録となる射程距離1496フィート(約456メートル)を達成、2001年には4860フィート(約1480メートル)まで記録をのばしました。

毎年パンプキンキャノン世界大会「パンキン・チャンキン」が行われており、その際はアメリカ中から集まったパンプキンキャノンがこのようにずらりと並びます。次回開催はアメリカ・デラウェア州で11月6日から8日の3日間にかけて行われるそうです。

World Championship PunkinChunkin


ちなみにこのパンプキンキャノン、水平に撃つと大変なことになります。

YouTube - 900 mph Pumpkin


このとおり。モーターボートの船体くらいは軽くブチ抜きます。


こんなものを許可無しに作って撃ってもいいあたり、アメリカのおおらかさを感じますね。

・関連記事
秒間1,000,000コマの超高速度撮影で銃弾による破壊の瞬間を観察する - GIGAZINE

高速で打ち出されたゴルフボールの破壊力はどれぐらいなのか - GIGAZINE

衝撃テストを行うために作られた超高圧ウォーターキャノンが搭載されたボルボ - GIGAZINE

どれだけ太っていれば弾丸を防ぐことができるか実験 - GIGAZINE

in 動画,   メモ, Posted by darkhorse_log