乗り物

量産電動スポーツバイク「MissionOne」時速241kmの世界記録を達成


以前GIGAZINEで取り上げた「MissionOne」が量産電動バイク最速となる時速150マイル(時速約241km)越えの世界記録を達成しました。量産品として開発が進んでいるということもあり、スポーツバイクの電動化に一気に拍車がかかりそうです。

詳細は以下。
Mission Motors

Mission One sets electric land-speed record with production prototype motorcycle

Mission Motors社のMissionOneはユタ州・ボンネビルで開催されたBUB主催のMotorcycle Speed Trial 2009に参加。往復の平均最高時速150.059マイル(時速241.5km)、瞬間最高時速161マイル(時速259km)を達成しました。MissionOneは当初、最高時速150マイル(時速約241km)を目標として設計されていましたが、これが達成されたことになります。

最高速チャレンジスタート。ユタ州・ボンネビル・ソルトフラッツではこれまで数々の世界最速記録が生まれました。


アンソニー・ホプキンス主演の映画「世界最速のインディアン」の舞台でもあります。


トルクコントロールは車載コンピューターで行われるためトランスミッションなし。普通は左側にあるミッションペダルがないのは不思議な感じ。


ギアチェンジに気を使うことなくひたすらアクセルを開けるのみ。


公式の測定では直線コースを走り、そのうち1マイル(1.6km)間の最高速度を計測。復路の最高速度との平均が記録として採用されます。


動画。エンジンの爆音がしないので違和感を感じます。

YouTube - 01 #1117 Mission Motors Electric Motorcycle Bonneville 2009



走った後は岩塩がびっしりとこびりついています。


テスト走行ではさらに速い時速163マイル(時速約262km)を達成しているとのこと。



以前取り上げた電動ドラッグバイク「Killacycle」のようにバッテリーをこれでもかと搭載して速度を絞り出すような専用バイクではなく、量産モデルでここまでの高性能を達成したのは快挙といっていいでしょう。こちらのページでは初回限定版の予約を受け付けており、限定50台・価格6万8995ドル(約636万円…先納の保証金5千ドル)で2010年初頭の出荷を予定。通常版250台は2010年中の出荷とのこと。

6月にイギリス・マン島で行われたゼロエミッション車のみのバイクレース「TTXGP」では車載コンピューターの設定を詰め切れず最高速度時速100マイル(時速約160km)、完走9車のうち4位という結果に終わっていますが、これからの性能アップがかなり楽しみです。

YouTube - eGrandPrix.Tv - TTXGP 2009


・関連記事
最高時速241キロの電動バイク「Mission One」がゼロエミッション車のレース「TTxGP」に出場へ - GIGAZINE

最高時速約200キロの電動バイク「TTX01」がイギリス・NECバイクショーで発表 - GIGAZINE

氷上世界最速の時速238kmで爆走するスペシャルチューンドバイク「Buell 1125R」 - GIGAZINE

世界一速い電気バイク - GIGAZINE

ロータリーエンジン搭載のバイク「Norton NRV588」のすさまじいムービー - GIGAZINE

伝説の原付バイク「ホンダ・スーパーカブ」は本当に伝説級なのか検証するムービー - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by darkhorse_log