メモ

2009年に英語版Wikipediaでページビューが多かった項目トップ20


2009年の現時点で英語版Wikipediaで1日のページビューが多い項目トップ20です。2009年を表している項目から年代にかかわらず不動の項目まであり、英語版Wikipediaを参照する人々が何に興味を示しているのかランキングから見て取ることができます。

ランキングは以下より。
以下が現時点でのランキング。

1位:Wiki(ウィキ) (13万1383ページビュー/日)
2位:The Beatles(ビートルズ)(11万1896ページビュー/日)
3位:Michael Jackson(マイケル・ジャクソン) (7万9734ページビュー/日)
4位:Favicon.icoファビコン) (7万8077ページビュー/日)
5位:YouTube(ユーチューブ) (7万2318ページビュー/日)
6位:Wikipedia(ウィキペディア) (5万2542ページビュー/日)
7位:Barack Obama(バラク・オバマ) (4万9401ページビュー/日)
8位:Deaths in 2009(2009年に亡くなった人) (4万8758ページビュー/日)
9位:United States(ユナイテッド・ステイツ) (4万6545ページビュー/日)
10位:Facebookフェイスブック(SNSサイト)) (4万2679ページビュー/日)
11位:Current events portal(最近の出来事) (4万0962ページビュー/日)
12位:World War II(第二次世界大戦) (2万9736ページビュー/日)
13位:Twitter(ツイッター) (2万8511ページビュー/日)
14位:Transformers Revenge of the Fallenトランスフォーマー・リベンジ(映画)) (2万8395ページビュー/日)
15) Slumdog Millionaireスラムドッグ・ミリオネア(映画)) (2万6755ページビュー/日)
16位:Lil Wayne(リル・ウェイン) (2万6210ページビュー/日)
17位:Adolf Hitler(アドルフ・ヒトラー) (2万5481ページビュー/日)
18位:India(インド) (2万5380ページビュー/日)
19位:Transformers 2(トランスフォーマー2) (2万4842ページビュー/日)
20位:Scrubs (スクラブス(海外ドラマ)) (2万4758ページビュー/日)

昨年はトップ50にも入っていなかった「マイケル・ジャクソン」が訃報をきっかけに3位にランクインしています。一方、昨年大統領選で話題になった「サラ・ペイリン」や「ジョン・マケイン」に関してはトップ50にすら入っていません。また、「トランスフォーマー・リベンジ」や「スラムドッグ・ミリオネア」といった映画のタイトルがランクインしていることも2009年を象徴していると言えます。


「Wiki」や「YouTube」「The Beatles」といった項目は現在も上位にランクインされており、しばらくは上位に君臨し続けるのでないかと思われます。

以下から20位以下のランキングと2008年のトップ50を見ることができます。
The 50 most-viewed Wikipedia articles in 2009 and 2008 - Telegraph

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
総ページ数なんと5000ページ、Wikipediaを1冊の百科事典にするとこうなった - GIGAZINE

Wikipediaで「進化」という言葉が進化していく様子を表したグラフ - GIGAZINE

Wikipediaが書籍化、百科事典として出版へ - GIGAZINE

Wikipediaで特定の国会議員に関する不都合な記述が一斉削除、編集は衆議院内部から - GIGAZINE

日本のWikipediaで「利用客、駅員や駅長を皆殺しにしてやる」と犯行予告の書き込み - GIGAZINE

Wikipediaが財政危機でも広告を掲載しない理由 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.