取材

ソフトバンクモバイルが実質値上げを決定、「8円ケータイ」は消滅へ


先日GIGAZINEでソフトバンクモバイルが割引プランを改定することで実質値上げに踏み切る可能性があることをお伝えしましたが、GIGAZINE編集部でソフトバンクモバイル広報部に取材を行ったところ、実質値上げは事実であることが明らかになりました。

これにより月額わずか8円で利用できる「8円ケータイ」は消滅することになるようです。

実質値上げに関するソフトバンクモバイルからの回答などは以下。
GIGAZINE編集部がソフトバンクモバイル広報部に電話取材したところによると、携帯電話関連の情報を扱っているMOBILEDATABANKが報じた2009年8月19日から行われる割引プラン「新スーパーボーナス」の実質値上げは事実であるそうです。

従来「新スーパーボーナス」を利用して携帯電話を購入した場合、「月月割」によって基本使用料や通話料、通信料などのユニバーサル利用料を除いた利用料金が割引されていたのに対して、8月19日以降の新規・契約変更・買い増しの新スーパーボーナス契約に関しては月月割の割引対象から基本使用料が除外されるようになります。

これにより月額の維持費が最低でも980円(ホワイトプランの場合)上乗せされることになるため、携帯電話端末の代金を一括で支払い、月月割でホワイトプランの基本使用料などが値引きされることで、毎月の支払いがユニバーサル利用料の8円のみで済む「8円ケータイ」は成り立たなくなるようです。

なお、今回の割引プラン改定について、ソフトバンクモバイル広報部は「あくまで将来的な顧客へのサービス向上を目的とした変更である」としており、一部メディアで報道された回線を契約するごとに携帯電話会社から支払われる販売奨励金目当てに携帯電話販売代理店が8円ケータイを大量契約する「寝かせ契約」を防ぐ目的については否定しています。

・関連記事
「頭金」「契約金」と称する上乗せ代金をソフトバンクショップなどに取られてしまった場合、どうすればいいのか? - GIGAZINE

ソフトバンクモバイルの「S-1バトル」はなぜ儲かるのか?そのカラクリを解明する - GIGAZINE

携帯電話の本当の意味での「買い時」は?後悔せずに携帯電話を買う方法 - GIGAZINE

注目度急上昇、中古の携帯電話は新品と比べてどれだけお得なのかを実際に比較してみた - GIGAZINE

携帯電話の着信音を鳴らすのは著作権侵害で追加料金の支払いが必要であると著作権団体が主張 - GIGAZINE

in 取材,   モバイル, Posted by darkhorse_log