メモ

USJが脳科学調査、テーマパークに行くと「愛」が深まる?


USJことユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、「絆(きずな)」を深める仕組みを科学的に調査・検証する研究チーム「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン きずなラボ」を発足し、テーマパーク体験後による脳の働きの調査結果を発表しました。調査結果によるとテーマパークに行くと「絆」が深まるということが証明されているそうです。

詳細は以下から。
USJのリリースによると、テーマパークでの体験により、右脳と左脳が活性化し、感情や情緒をつかさどる右脳が特に活性化したそうです。

両親と子どもの3人家族・女性の友人3人組・カップルを各2組ずつ合計16人に対して、パーク体験前および体験後に自分たちの写真を見せて脳の血液量を測定。信頼関係などを測定するVASも同時に行い、絆が築けている割合が高まったと杏林大医学部の古賀良彦教授はコメントしているそうです。

実験を受ける被験者たち。


光トポグラフィーによって測定した前頭葉の血液量の事前・事後比較画像が以下。実験はプロジェクターでスクリーン上に投影された人物写真を見て、自分とパートナーが含まれる写真を見たときにボタンを押すというものでした。

1人ずつ写った人物写真をシャッフルして組み合わせ順に見せた場合


友人よりも家族やカップルの方が変化が大きくなっています。


脳の部位別の血液量比較グラフ。


各グループが一緒に撮った写真を順に見せた場合


こちらも友人より家族やカップルの方が変化大。


グループが一緒に撮った写真を見せた場合の血液量比較グラフ。


VASの質問はこんな感じ。


実験結果として信用度や愛が深まったそうです。


また、不安度を計るSTAIによる調査結果ではストレスが大幅に減少してたとのこと。

STAIの質問例。


STAIの実験結果。ストレスの度合いが現れています。


この他、サイトのきずなラボではUSJに入ったときの絆の深まり方を調べられる「きずな度診断」などを提供する予定としています。

テーマパークに行った場合は、待ち時間に話題が尽きて飽きてしまったりなど、逆に絆が切れるシチュエーションもあると思いますが、古賀教授の言う通りうまくいくものなのでしょうか。

・関連記事
恋愛感情は熟年になっても衰えないことが判明、恋愛初期のドキドキ感は冷めない - GIGAZINE

遠く離れてしまった恋人と写真を使って心を通わせるためのひと味変わった試み - GIGAZINE

恋愛関係ネットワークを可視化した「ジェファーソン高校恋愛構造図」 - GIGAZINE

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン初のナイトパレードの見どころを余すところ無くバシバシ撮影してきた - GIGAZINE

USJでしか販売されていない「すぱいだぁ麺!!」を食べてみた - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log