ムービー

映画で見られる、突然交通事故に巻き込まれるシーン9つ


宝くじで億万長者になるよりも交通事故に遭う確率の方が高いと言われているだけあり、映画の中でもいろいろな人物が交通事故に遭遇しています。そんなシーンだけを集めたムービーがあったので紹介します。どの人物もまさか自分が事故に遭うとは思っていないため油断しきっていますが、実際に交通事故に遭うときはこれぐらい唐突なのだろうかと思うと、おちおち道もあるけないような気分になってきます。

ムービーは以下から。
Hollywood's 9 Greatest Sudden Bus Accidents

カップルで歩いていると道に迷ったらしい男性が声を掛けてくる。


それに対応いるあいだに、横断歩道の真ん中で立ち止まった女性がはね飛ばされる。


2003年の映画「アイデンティティー」より。豪雨の中、車内にいる子どもと窓越しに手を合わせる女性。


そしてちょっと後ずさったところに車が突っ込んでくる。


日本では未放映のSFドラマ「Fringe」。


銃をつきつけられて後ずさっていく男。


そして車道へ出てしまう。もちろん、横からバスが突っ込んでくる。


登場人物たちが常に死の運命と隣り合わせになっている映画「ファイナル・デスティネーション」。主人公・アレックスたちは予知夢によって飛行機事故を逃れますが、やはり死の恐怖が忍び寄ってきます。


アレックスと仲の良くないカーターの彼女、テリー。


わめきながら車道に出て行き、バスにはねられます。


2008年の映画「Ghost Town」。ビルから室外機が落下してきたのをなんとか回避した男性。


電話しながら車道に出てしまったため、横からやってきたバスに気付かず……。ちなみにこの映画はコメディ映画だそうです。


2004年の映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」。銃を突きつけられているのは主人公のアナ。町には人間をゾンビに変貌させるウイルスが蔓延しています。


そこに突っ込んできたのは救急車。そのまま止まらずに走り去っていきます。


1999年のドラマ「Felicity」。喋りながら歩いていく男性。


女性がはっと気付いたときにはもう遅く、バスが男性をはね飛ばしていきました。


2004年の映画「ミーン・ガールズ」。


道路を挟んで話をしていたのに、だんだんと興奮してきたようで前に出てしまい、横からバスがやってきて……。


テレビドラマシリーズ「LOST」。


車道で立ち止まった瞬間にバスが来る。


上記のほとんどの人物は安全確認不足のせいだといえますが、自分が外出する際には今まで以上に周りに気をつけたくなりますね。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
時速250kmでポルシェと鳥がぶつかった事故写真 - GIGAZINE

先月発売になったばかりの日産GT-Rがクラッシュ事故 - GIGAZINE

銀行のトップマネージャーの息子が事故、買ったばかりのフェラーリが無残な姿に - GIGAZINE

ガードレールの衝突テストでバスが予想外の事故を起こすムービー - GIGAZINE

偽物のシートベルトで警察の目をごまかしていた男性が交通事故死 - GIGAZINE

「Googleマップ ストリートビュー」撮影車が事故、空に向かう道を指し示す - GIGAZINE

なぜこのような事故が起きたのかよく分からない車の踏切事故 - GIGAZINE

ちょっと無茶な運転をしてしまった事故の写真やムービー - GIGAZINE

ショッキングな交通事故ムービー - GIGAZINE

in 動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.