ムービー

1986年、Windows1.0をスティーブ・バルマーはこうやって宣伝して売りまくった


Windowsを開発しているMicrosoftにおいて最も有名な人物といえばビル・ゲイツですが、それと並ぶぐらい重要な人物がこのスティーブ・バルマー氏です。1980年にビル・ゲイツが初めて採用したビジネスマネージャ(事業担当管理職)としてMicrosoftに入社して以来、会社を支え続けた人物として知られているわけですが、「熱心、集中、ユーモア、情熱、誠実、努力、そして躍動」というようにMicrosoft公式サイトでも紹介されているとおり、かなりぶっとんだ人物であることでも知られています。

そんなスティーブ・バルマー氏がWindows1.0を宣伝している貴重なムービーがYouTubeにて公開されています。思わず洗脳されそうな程の完成度であり、Microsoftの原点を垣間見ることができるド迫力映像となっています。

Balmer Sells Windows - YouTube


初っ端からぶっとんでおり、ハイテンション


アピールしまくり


一生懸命、Windowsの機能を宣伝しています


実にレトロな雰囲気


最後に価格をアピール、500ドル?いやいや違うぜ!


1000ドル?そんな馬鹿なことがあるか!


なんと、たったの99ドルだぁぁぁぁぁあああああ!!!


これは今すぐ買わないとだめなレベルですね!!!!!!


なお、一説によると「彼が従業員を楽しませるために作った」という話もありますが、いずれにせよスティーブ・バルマー氏の精力的な活動を知ることができる貴重な資料となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「Windows 1.01」から「Windows Vista」までのロゴと起動音のムービー - GIGAZINE

Windows XPと98の効果音だけで作られた音楽 - GIGAZINE

スティーブ・バルマーの好きなところをクリックしてみよう - GIGAZINE

マイクロソフトのスティーブ・バルマー、講演中に投げ付けられた玉子を回避 - GIGAZINE

ビル・ゲイツ会長の講演にLinux関係者が乱入して大騒ぎに - GIGAZINE

ビル・ゲイツの自宅は9700万ドル - GIGAZINE

世界長者番付13年連続首位のビル・ゲイツより金持ちな男が登場 - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse

You can read the machine translated English article here.