あの「エヴァケータイ」こと「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 NERV特別仕様ケータイ」を徹底解剖、限定の支給記念グッズが配布される記念式典も


以前GIGAZINEでもお伝えしましたが、5月19日に行われたNTTドコモの新機種発表会で「NERV官給品ケータイ」というコンセプトで庵野秀明監督/スタジオカラーが監修のもと開発された「エヴァケータイ」こと「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 NERV特別仕様ケータイ」が正式に発表されました。

高画質な1000万画素カメラや3.3インチフルワイドVGAタッチパネル液晶を搭載するなど、従来のアニメキャラクターをあしらった携帯電話とは一線を画したハイスペック端末である上に、人気キャラクター「レイ」や「アスカ」のオリジナルきせかえツールやデコメピクチャといったコンテンツを満載した、まさにエヴァファンにとって夢のような携帯電話ですが、今回は大量の画像付きで徹底解剖を行います。

また、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 NERV特別仕様ケータイ」の発売に関して記念式典が大々的に行われるほか、購入者にはオリジナルグッズがプレゼントされるそうです。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 NERV特別仕様ケータイ」の全容は以下から。
これが「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 NERV特別仕様ケータイ」こと、「SH-06A NERV」です。


メインディスプレイに3.3インチフルワイドVGAのタッチパネル液晶を搭載したハイエンドモデル。


閉じたところ。「特務機関NERV」のロゴが入っています。サブディスプレイには39×96ドットの約0.8インチ有機ELを採用。


背面。「戦術作戦部 作戦局1課」の文字があるほか、暗いところでも撮影できる高輝度LEDフラッシュを採用した1000万画素CCDカメラを搭載。一度フォーカスをあわせた被写体を自動追尾する「チェイスフォーカス」や「笑顔フォーカスシャッター」などにも対応しており、本格撮影が可能。


ディスプレイは反転させることが可能。覗き見を防止する「カラーベールビュー」機能を搭載しているため、周囲から覗き込まれる心配もありません。


メニュー画面。こちらはオリジナルきせかえツールのNERVバージョン。


NERVのロゴが大きく映ります。


きせかえツール Type REI


こちらはType ASUKA。ほかにも碇シンジバージョンや渚カヲルバージョンが提供されるとしており、さらに「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の公開後に新キャラクターのコンテンツが追加配信される予定。


オリジナルデコメピクチャいろいろ。


特別仕様の個装箱や専用キャリングケース、別冊取扱説明書も付属します。


「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 NERV特別仕様ケータイ」のために描き下ろされたイメージイラスト


なお、6月5日(金)から期間限定で、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 NERV特別仕様ケータイ」の予約開始イベントが実施されるという極秘情報が明らかになりました。イベントでは実機の展示と「NERV通信 水無月号」の配布が予定されるとのこと。

そして「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の劇場公開日となる6月27日(土)と翌日の28(日)にも特別イベントの実施が予定されており、予約開始イベントで予約した上で特別イベントに来場した人に対しては、オリジナルグッズとして「支給記念ピンバッジ」がプレゼントされるほか、一定の条件を満たした人に対しては「エヴァンゲリオン×ドコモ」オリジナルのクリアファイルがプレゼントされるとしています。

また、6月27日(土)はエヴァファンとして有名な加藤夏希をNERV広報大使として任命し、NERV特別仕様ケータイの記念式典やトークショーなども予定。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 NERV特別仕様ケータイ」の購入を考えている人や、実機を触ってみたいと思ってやまない人はイベントに参加してみるのもいいかもしれません。

記念式典の実施場所の詳細はこちら
http://www.evangelion.co.jp/nerv_keitai/information.html

in モバイル,   映画,   アニメ,   広告, Posted by darkhorse_log