ハードウェア

スキャナを改造して1億3000万画素のデジカメを自作した全記録をネットで公開中


読者からのタレコミによると、エプソンのスキャナを改造し、なんと1億3000万画素相当のすさまじいデジカメを自作してしまった想像を絶する全記録がネット上で公開されているとのこと。

要するに35mmレンズとフラットベッドスキャナでデジタルカメラを作ろう!ということで実際に作ってみたという訳なのですが、実際に動作している様子のムービーだけでなく、実際にデジカメとして撮影した写真も公開されており、かなりそのすごさがうかがえます。

詳細は以下から。
Oversaturated
http://d.hatena.ne.jp/spyuge/


そもそもの発端はこのような感じ。

大判カメラにフラッドベッドスキャナ - Oversaturated

使用スキャナは1200dpiのものみたいだから、最近の4800dpi(1万で買える)スキャナなら、えーっと~辺が4倍だから16倍ピクセルで、ギガピクセル突入できるわ。

大判カメラ35mmレンズにフラッドベッドスキャナ その2 - Oversaturated

しかし僕はメカトロを舐めていた。CCDを平行移動させるのがとても難しい。几帳面じゃない僕は失敗につぐ失敗で、何度も諦めようと思ったけど、あれもだめ、これもだめ、と試しているうちに、最初から最後までギア駆動すればなんとかうまくいくことに気付いた。で、なんとかかんとか……組み立てたものが上の写真。

というわけで、これがプロトタイプとでも言うべきもの。


しかしながら道のりは想像以上に険しく、1台目はショートして壊れ、2台目に。もう引き返せない。

泥沼化。 - Oversaturated

先に白状しておくと、ショートさせて壊してしまった。なのでこれ2台目です……(かかってる手間と金額がしゃれにならん。最大限うまいっても使えるクオリティーになる可能性は限りなく低いくせに……)。

で、前回の続き。ライトチェックの問題は、LEDドライブ基板だけ拝借して、その出力に白色LEDをつけてスイッチと繋げて、センサが完全に初期位置に戻るあたりでスイッチを押すよう棒をつけるという、極めてアナログな方法で解決した。

ついにレンズが付いたものがこれ


さらに悪戦苦闘してバッテリー化にも成功、実際に操作して動かしている様子のムービーが以下にあります。スキャナの動作音がするカメラがココに。

YouTube - scanner camera (スキャナカメラ)


そして実際の撮影例は以下にたくさんあります。

Flickr: spyuge's Photostream
http://www.flickr.com/photos/[email protected]/


で、これが現時点での完成形。かっこいい。まとめを読むと、トイデジを超え、さらに並のデジカメを凌駕し、圧倒的解像度のメリットを引き出すまでの苦労がうかがえます。


これ系のは海外の例が多いのですが、日本も負けていないぞ、ということでいい感じです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
本を1時間で1000ページスキャンできるスキャナ「BookDrive DIY」 - GIGAZINE

鏡をスキャナに通すとどうなるのか - GIGAZINE

牛乳とレゴを使う3Dスキャナー「Milkscanner」 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by darkhorse

You can read the machine translated English article here.