ムービー

駐車違反取締官も見逃しそうなカモフラージュが施された自動車


SF作品などでは見た目が透明になる技術が多く登場しますが、自動車自体をペイントすることで錯覚によって見えにくくするというアート作品が作られています。

自動車は風景にかなり溶け込んでいて、知らなければ認識するのが難しそうです。

詳細は以下から。
Artists turns her old Skoda Fabia into an 'invisible car' | Mail Online

風景に溶け込む自動車。ライトも塗りつぶされているので通常走行はできそうにありません。


作成したのはセントラルランカシャー大学の学生Sara Watsonさん。プレストンにあるスタジオの前でシュコダ・ファビアをスプレーでペイントしてカモフラージュしました。

「錯覚の概念についての実験で、現実的なインパクトを与える物理的な何かが必要だった」とSaraさんは話しています。


こちらからは自動車のドアを閉じていくムービーが見られます。車体の見えない部分は特に凝ったペイントはされていないようです。
BBC NEWS | UK | England | Lancashire | Art student's car vanishing act


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
IKEAにある大量陳列された在庫品のカモフラージュ人間 - GIGAZINE

景色の中に自然にとけ込むようなカモフラージュのアート - GIGAZINE

インテリアに巧妙にカモフラージュされているパソコン - GIGAZINE

世界に溶け込むペイントで透明人間のようになっているアーティスト - GIGAZINE

in メモ,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.