ムービー

まるで本物の女性のようなCGアニメーション「Emily」


上記に映っているEmilyという名前の女性。一見本物の女性のように見えますが、実はCGで作成された女性です。目元の表情や顔の筋肉の動きなど、何も言われなければ本物の人と間違えてしまうような出来栄えで、CG技術の将来を垣間見たような気分になります。

ムービーは以下より。Lifelike animation heralds new era for computer games - Times Online


このCGを作成したのはImage Metricsというチーム。最高執行責任者のMike Starkenburg氏によると、見ている相手に目が本物だと思わせることができれば、本物の人間と間違える可能性が高いとして、目の部分を特に注意して作成したようです。後は顔の筋肉の動きなどに注意し、表情を作成していったとのこと。

これがワイヤーフレームの状態のEmily


これが完成型


ビデオチャットをしている相手の顔が、このような技術を使ったCGだったとすると、ゾッとします。

・関連記事
フルCGの超リアルなムービー - GIGAZINE

ウイルスを見えるようにビジュアル化したCG - GIGAZINE

パイレーツ・オブ・カリビアンのCGの中を覗き見 - GIGAZINE

少しだけ映画のCGの裏側が見られるムービー - GIGAZINE

CGのような炎を出すメタンエンジンの実験ムービー - GIGAZINE

北京オリンピック開会式の花火による「巨人の足跡」は本当にCGだったのかどうかを検証してみた - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse_log