メモ

一度でいいから行ってみたい10のプライベート・アイランド


以前南太平洋の美しい島の所有権を約4000万円で購入できるらしいという話がありましたが、世界にはリゾートになっているプライベート・アイランドがいろいろとあるようです。一度でいいから行ってみたいものですが、そんな機会は巡ってくるのでしょうか…。

詳細は以下から。
1.Isla de sa Ferradura


西地中海、スペインの東側のバレアレス諸島にイビサ島という島があり、その北部のサンミゲル湾にIsla de sa Ferraduraがあります。大きさはだいたい14エーカー(約5万7000平方メートル)、年間300日は晴れていて、青い地中海の眺めに恵まれています。

島は1週間あたり23万ドル(約2500万円)でレンタルできますが、ほとんどの人はこの島での休暇を体験することすらできないでしょう。島のお値段は3970万ドル(約43億円)。


2.Cabbage Cay


バハマにあるCabbage Cayは35エーカー(約14万平方メートル)の島で、バハマ諸島で2番目に大きなエルーセラ島の湾内に位置しています。道路が島まで来ているため、島へのアクセスは保証されています。島には3つのビーチがあって植物が生い茂り、珍しい野生動物がいたり、びっくりするような施設が備えられたりしています。特にカメや鳥、魚は種類が豊富です。セイリングがかなり楽しいそうです。お値段250万ドル(約2億7000万円)。

3.Cerralvo Island(セラルボ島)


セラルボ島はコルテス海(カリフォルニア湾)に浮かぶ60平方マイル(約1億5500万平方メートル、約1.6ヘクタール)の島で、あまり開発は進んでいません。もともとが火山のため、全体的に山地になっています。島のある海域は大物釣りに最適で、砂浜ではメキシコの温暖な日差しを浴びることができます。巨大な島なためにいくつかの大邸宅があっても隣人と会うことはまずなく、プライバシーはしっかり守られます。本土からの距離はたった30マイル(約50km)ほどで、お値段は3500万ドル(約38億円)。

4.Singer Castle on Dark Island


カナダのオンタリオ州とアメリカのニューヨーク川を隔てて流れるセントローレンス川は広大な川幅を持ち、多くの島が点在しています。その中の一つがSinger Castle on Dark Island。島が有名なのは熱帯のジャングルや白い砂浜があるからではなく、100年以上前の古城があるため。城はミシン会社社長のFredrick Bourneが1905年に狩猟小屋や家族の避暑地として建てたもので、塔や隠し通路なども備えており、文字通り一国一城の主になれます。島へはニューヨークかトロントからのヘリコプターでのみ移動可能。

売りには出ておらず、賃貸のみ可能です。


5.Necker Island(ネッカー島)


イギリスの多国籍企業ヴァージン・グループの会長サー・リチャード・ブランソンは実業家・冒険家として大成功を収めた人物で、1970年代に無人島だったカリブ海イギリス領ヴァージン諸島のネッカー島を30万ドルで購入。島に比類ないリゾートを建設し、週32万9000ドル(約3600万円)でレンタルしています。島はサンゴ礁に囲まれており、大昔のままの海岸の姿を残しています。ロックスターがパーティーを開いたり、ハリウッドの名士やGoogle創設者のラリー・ペイジ氏が結婚式を挙げたりしたこともあるそうです。お値段は1日4万7000ドル(約500万円)。

6.Musha Cay


マジシャンデビッド・カッパーフィールドが所有するバハマの島がMusha Cay。4つのプライベート・アイランドからなるリゾートで、シュノーケリングやダイビング、ウインドサーフィン、ジム、ちょっとした散歩やできるようになっています。また、7つの豪華なビーチから1つを選んで日光浴をしたりできるそうです。

人数が12人以下であれば1日3万2250ドル(約350万円)。


7.Tetiaroa(テティアロア)


タヒチ島の北方40マイル(約64km)に位置するテティアロアは2004年に亡くなった俳優マーロン・ブランドが所有していたことで有名。今はブランドの息子、Simon Teihotu Brandoが住んでいます。島は常に平穏で、鳥たちの楽園になっています。

訪問者用の宿泊施設がなかったため、現在「The Brando」という名前のホテルを建設中だそうです。


8.Ciftlik Island


トルコ本土からの距離が250mとかなり近いエーゲ海のCiftlik Island。豪華な城のような家が立っており、ゲストハウスや使用人の住居もあります。この地域では数少ない水、電気、電話などを兼ね備えた島です。お値段はだいたい2500万ドル(約27億円)。

9.Piedade Island


ブラジルのアングラ・ドス・レイスにある365の群島の一つがPiedade Island。4つのビーチとリゾートが開発されていて、フルタイムのスタッフがついており、レンタル利用が可能です。

10.Nygard Cay


これもバハマにある島で、マヤ建築様式のツリーハウスは旅行者の滞在先に最適。ウォータースライダーやプール、お風呂、テニスコート、85フィート(約26m)のヨットがあります。

1日4万2000ドル(約450万円)。


元記事は以下。
10 Luxurious and Exotic Private Island Resorts | WebUrbanist

・関連記事
究極のプライベートツアー「モルディブの島一組で貸切プラン」 - GIGAZINE

世界各地の美しいリゾート地や幻想的なホテルの写真 - GIGAZINE

タイのクラビにある変わった形の島や岩の写真いろいろ - GIGAZINE

クリスマス島を赤く染める1億2000万匹のカニ - GIGAZINE

オランダでチューリップ型の島を造ることを本気で検討中 - GIGAZINE

ロシア、黒海にロシアの国の形をした人工島を建設予定 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt