メモ

聖母マリアを見るために太陽を見つめ続けた50人が失明


太陽を見つめ続けていると聖母マリアのイメージが見える」ということで、なんと50人もの人が次々と失明、大騒ぎになっています。

なぜこんな事になっているのかという詳細は以下から。
Dozens blinded in India looking for Virgin Mary - Telegraph

この失明者の異常な増加に最初に気づいたのはインドのコータヤム地区の保健機関。空を見つめ続けていれば奇跡が見えるというこのウワサを払拭するため、直射日光を見るのは危険だと警告を出しています。

今回の騒ぎについて、48のケースでは網膜が太陽光を見続けたために機能しなくなっており、先週の金曜日からずっと病院に失明した患者が着続けているとのこと。一体どこでこのようなとんでもないウワサがはびこっているのかというと、Erumeliという地区にある家。ここの所有者であるホテル経営者が「神を見た」と言っているそうです。この地区の協会の聖職者は「奇跡が起きた」という話自体を否定しているものの、この奇跡が生じたと言われている家は何ヶ月もウワサになってはいたそうです。この家に移住し、ウワサの出所になっているホテル経営者いわく、彼の家の聖母マリアの彫像はハチミツの涙とオリーブオイルを血のように流しており、さらに芳香がするそうです。

・関連記事
レーザー光線を観客の目に照射、30人超が失明か - GIGAZINE

内部が人骨で埋め尽くされている教会の写真いろいろ - GIGAZINE

「異星人に狙われている」男、隕石が5回も家に落ちてくる - GIGAZINE

2度の落雷から生き延びたラッキーな男 - GIGAZINE

竜巻で家から15メートル飛ばされた赤ん坊、マットレスの下から生還 - GIGAZINE

40メートルの高さにある窓から落下して生き残った2才の幼女 - GIGAZINE

死亡したと思われていた女性、生命維持装置を外してから10分後に蘇生 - GIGAZINE

ボウガンの矢を頭に2発も撃ち込まれた犬が奇跡の生還 - GIGAZINE

特攻野郎Aチームで有名なミスター・Tによって、長年の昏睡から目覚める奇跡が起きた - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse