メモ

うたた寝するのに覚えておきたい7つの心得


昼休憩後、仕事中や授業中に眠たくなることがよくあります。そういうときはうたた寝をするのがイチバンです。ただし、うたた寝にはいくつかの心得があるようです。どのような心得なのか見てみましょう。

詳細は以下より。mental_floss Blog ≫ 7 Simple Rules For How to Take A Nap

1.昼に眠気がくるのは当たり前のことだと考える
1日に2回眠気のサイクルがあり、一般的に午前2時から午前4時の間に一回、午後の1時から午後の3時の間にもう一回眠気がくるそうです。人によって個人差はありますが、一度きた眠気の後、約10時間後に再度眠気がくるとのこと。以前は食事をとると眠くなると言われていましたが、現在は食事とは関係ないとされているようです。

2.眠る時間によって効果が異なる
20分前後のうたた寝をとると、集中力をアップする効果が得られる。まだ本格的な睡眠に入っていないため、目覚めはスッキリ。90分前後のうたた寝をすると、寝不足によって生じている眠気を解消することができる。ちょうどこの頃にレム睡眠に入るため、寝起きもスッキリしている。

3.うたた寝の時間を45分から90分の間で設定しない
うたた寝を始めて45分~90分の間は深い眠りに入っているため、この時間帯で目覚まし時計などを使って、無理やり起きるのは良くない。この時間帯に起きてしまうと、体がだるくなる。

4.横になれる暗い場所で仮眠をとること
ただし、そのまま熟睡してしまうことがあるので注意は必要。

5.ホワイトノイズがうたた寝をする助けになる
ホワイトノイズとは、さまざまな周波数成分をほぼ均一に含むノイズのこと

6.就寝時間に近い時間帯でうたた寝をしないこと
その後眠れなくなってしまうため、避ける方がよい。

7.仮眠をしないで、無茶な仕事をするのはやめましょう

・関連記事
ここまですれば眠れるはず、深い眠りに達するための24の方法 - GIGAZINE

トマト酢を飲むと「深い睡眠」が増えてぐっすり眠る - GIGAZINE

肥満防止には1時間長く寝ることが必要かもしれません - GIGAZINE

なかなか眠れない人のための簡単に眠る10の方法 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log