ムービー

大きさも制作時間も圧倒的な超巨大レゴ作品の数々


GIGAZINEでは今までいくつかレゴ作品を紹介しましたが、かなり大規模で制作時間がかかっている作品がまだまだあります。どのようなの作品なのか見ていきましょう。

写真は以下より。レゴでできたジェット機、エアバスA-380。大きさは実物の25分の1スケールで重さは約100キログラム。使用されたブロック数は約7万5000個で制作時間は約600時間とかなり手間がかかっています。


近くで見ると、本当にレゴでできていることがわかります。


タービン部分が動くようになっています。


タイヤも搭載。


約75万個のブロックで作られた、広さ1506平方フィート(約1400平方メートル)のケネディー宇宙センター。約2500時間もの時間を費やして制作されたようです。


ロケット開発現場。たくさんロケットがあります。


スペースシャトル。今にも打ち上げられそうです。


ドイツで制作されたサッカースタジアム。約150万個のブロックでできているそうです。制作時間や約4200時間。スタジアムの中には約3万人の観客がいます。大きさも制作時間も圧倒的です。


外壁をはずすとこんな感じ。


近くで見ると、観客の数に圧倒されます


以下にエアバスA-380と宇宙センターのムービーがあります。

A-380
Biggest Lego Airplane In The World: Lego Airbus A380 Is Biggest Lego Airplane in the World

ケネディー宇宙センター
Lego Kennedy Space Center: 750,000-Brick Kennedy Space Center Is the Mother of All Lego Models

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
レゴブロックで作る巨大デススター「Death Star II」 - GIGAZINE

マニュアルの重さが1.8キロもあるレゴのミレニアムファルコン - GIGAZINE

レゴマインドストーム製の自動車工場でレゴの車を組み立てるムービー - GIGAZINE

20万個のレゴで造られたニミッツ級航空母艦がついに完成 - GIGAZINE

本当に輪ゴムが発射できるレゴで作ったガトリング砲 - GIGAZINE

レゴミュージックマシン - GIGAZINE

レゴブロックで作った「スリラー」のムービー - GIGAZINE

世界最長のレゴタワー - GIGAZINE

in メモ,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.