メモ

あなたの体を売ってお金に変える8つの方法


よく映画やマンガ、小説などでは最終的に「お金に困ったら体をバラバラにして売り払う」というとんでもない最終鬼畜手段が登場しますが、実際に合法か違法かを問わない場合、体のパーツを売る方法としてどのような選択肢が存在しているのでしょうか?

いざというときに役立つかもしれない詳細は以下から。
Got Body Parts? Get Cash

1:髪の毛


髪の毛は「かつら」として、さらにはヘアピースとして大きな需要があるとのこと。以下のサイトで売買できます。

Sell Your Hair, Hair Classifieds, Hair Products
http://www.thehairtrader.com/

当然ながら美しい髪でなければ商品価値はなく、パーマをかけられていたり、脱色していたり、染色しているものなどはダメ。また、年寄りの髪の毛も価値が無いとのこと。現時点までで最も高価な髪は明るい茶色の髪で2500ドル(約26万3000円)の値が付いたそうです。

2:尿


もしあなたが薬物中毒でもなく、アルコールも飲まないのであれば、その尿は黄金を生み出す水に変わるそうです。というのも、薬物検査をくぐり抜けるためにそういった清潔な尿を欲しがる層が存在しており、仲介業者を抜いて直販するのであれば、1回当たり約200ドル(約2万1000円)で販売できるそうです。

実際に、尿を使った薬物検査をパスするためのキットが以下のサイトで販売されています。


Passing a Drug Test Products from UreaSample.com

3:顔・首・二頭筋・背中


何に使うかというと、広告スペースとして自分の身体の一部を売るというわけ。実際に2006年にウェブホスティング会社のGlobatがペンシルバニア州のランカスターに住んでいる人の首を広告用スペースとして購入しており、以下のページで実際にどのようにして首に後ろに広告を入れたかという一部始終の写真記録があります。

Globat Tattoo

4:母乳


母乳フェチの男性やカップルのための闇市場が存在しており、そこで母乳を売ることができるそうです。実際に海外のクラシファイドサイトで時々募集がかけられており、BeautifulPregnant.comというマニア向けサイトでは実際にそのような特殊性的嗜好を満たすための写真のモデルとして2000ドル(約20万円)を稼ぐことができるそうです。

5:血液


臓器や組織を売ることは違法ですが、それらの代わりとして「血液」を使うことができる場合があるとのこと。どのようなケースかは不明ですが……。参考程度に、1パイント(約473ミリリットル)の血液を寄付すると約650キロカロリーを消費することと同じだそうです。

6:子宮


いわゆる代理妊娠、子宮を貸すわけです。大ざっぱに価格は2万5000ドル(約260万円)ほど。これに加えて医療費の請求や出張旅費、マタニティー用の衣料なども追加で無料支給されます。

7:治験


治験とは、「医薬品もしくは医療機器の製造販売承認を得るために行われる臨床試験」のこと。とにかく健康な体だけが取り柄だという場合には自分を丸ごと治験に提供すると、場合によっては一日あたり数百ドル(数万円)をもらうことができるそうです。また、治験によっては健康でないことが理由になっている場合もあり、例えば糖尿病・高血圧・不眠症・うつ病などの病歴を必要とするケースがあったそうです。

8:涙


これは自分の体を売るわけではないので本来の趣旨には反しますが、実際に涙をネットオークションで販売することができた事例が存在します。その涙はパリス・ヒルトンの涙。実際にイーベイで競売にかけられたそうです。量は8分の1オンス(3.5グラム)、一時的には1万6499ドル(約171万円)まで値が付いたそうですが……。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
男性向けの経口避妊薬が登場へ - GIGAZINE

吸い込むだけで睡眠の代わりになる薬を開発中 - GIGAZINE

ついに薬を使って記憶を消し去ることが可能に - GIGAZINE

Googleからお薬が届きました - GIGAZINE

風邪には市販薬よりも「はちみつ」の方が効果的? - GIGAZINE

ネットで購入した薬にウランやホウ素が混じっていたため購入者が死亡 - GIGAZINE

従来の9倍、最大36時間効果が持続するED治療薬「シアリス」 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse

You can read the machine translated English article here.