死んだ彼女の遺体と一緒に死のうとした男、遺体安置所で発見される



ガールフレンドが死んでしまって悲嘆にくれた男性が遺体安置所に忍び込み、一緒に死のうと薬を服用して横たわっていたところを職員が発見しました。男性は命は取り留めましたが重体だそうです。

詳細は以下から。
台湾のある遺体安置所の職員が、フリーザーの温度がいつもと比べて異常に高温であることを不審に思ってチェックしたところ、ふたがきちんと固定されていないことがわかりました。そこで責任者がふたを開けたところ、中に女性と男性が横たわっているのを発見しました。地元紙によると、女性(41)は5月23日に睡眠薬の多量摂取で死亡したそうです。ガールフレンドの死に悲しんだ男性(41)は一緒に死のうとしたのか、薬を服用してフリーザー内に入ったものと見られています。男性が発見されたのはフリーザーに入ってから3時間後で、重体だそうです。

管理責任者のChang Lung-ching氏は、遺体確認に来た遺族や関係者があまり長く居すぎることのないよう、セキュリティを強化すると語っています。

なお、女性の死には不審な点が見られるため、遺体の解剖が行われる予定です。

Heartbroken man climbs into morgue freezer | Oddly Enough | Reuters

・関連記事
交通事故で死亡したと思われていた男性、検視の痛みで目を覚ます - GIGAZINE

防腐処理されたレーニンの遺体と、その遺体のメンテナンスの様子 - GIGAZINE

死んだ母を10年間冷凍保存した姉妹 - GIGAZINE

家のリフォームをしていたら、ダイニングの下から10人分の人骨が発見される - GIGAZINE

自分が飼っていた毒グモの餌食になってしまった男 - GIGAZINE

妻のブラジャー15着をつけた男性の遺体が発見される - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt