メモ

目は口ほどに物を言う、面接官は意外と目線を重要視している


面接の第一印象で合否が決まってしまうことがよくあります。特に面接官が見ているところは服装、髪型、話し方に続いて「目線」も重要視しているようです。目は口ほどに物を言うとは言いますがどう見られているのでしょうか。

詳細は以下より。僕らは技術力よりも第一印象で能力を判断されている/Tech総研



初対面でどこをチェックしているのかという質問に対して「目線」と答えた面接官は服装・話し方と同じく、約60%と高い割合を占めています。エンジニア系の職種でも重要視されているので軽視はできない状況になっています。いくら清潔感のある服装・髪型をして、丁寧な話し方をしていても、下を向いているなど、相手の目を見ていないと説得力がなかったり、意志疎通がうまくできないように見えるとの意見が目立つようです。

これから面接を受けられる方は服装・話し方と一緒に目線も注意して見てはいかがでしょうか。

・関連記事

GIGAZINEの仕事術 - GIGAZINE

Googleで働くとどれぐらい給料がもらえるのか? - GIGAZINE

Googleの面接試験、一体どのような質問をされるのか? - GIGAZINE

「学生の就職情報2009」の水増し表示疑惑、そのカラクリを検証 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log