メモ

ソニーの2007年度決算は営業利益は前年比421.9%増、ゲーム事業の収支も大幅に改善


先程ソニーの2007年度の決算が発表されました。2006年度の営業利益から421.9%増と非常に好調で、近年の不調を覆すような内容となっています。

なお赤字が懸念されていたゲーム事業に関しても大幅に収支が改善されています。

詳細は以下より
Sony Japan|2007年度 業績説明会

これが全体の収支内容。営業利益が421.9%増と大幅に増加しています。


各セグメントごとの収支。エレクトロニクス事業の営業利益が飛躍的に増加しているほか、ゲーム事業の赤字も2323億円から1245億円と、約1100億円ほど改善されています。


ゲーム事業の内訳。PS3本体の売り上げ台数が156%増加、ソフトは35%増加と好調に売り上げを伸ばしています。


来月にはキラータイトルとなるメタルギア・ソリッド4が発売されますが、今後のPS3の売れ行きによってはゲーム事業も黒字に転換するのでしょうか。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ソニー、PS3の売り上げ増加で赤字だったゲーム事業が黒字に - GIGAZINE

PS3の新型が8月に登場か、部品コスト削減で低価格化も? - GIGAZINE

ソニーの「PS4」やマイクロソフトの次の「Xbox」が見えてきました - GIGAZINE

ソニー、液晶画面への映り込みを30分の1に低減する技術を開発 - GIGAZINE

ソニー、PS3向けに「次世代オンラインゲーム」を開発へ - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.