メモ

そこらの落書きとはレベルが違いすぎる多彩なストリートアートの数々


日本のGWの間、ロンドンでストリートアート展覧会「The Cans Festival」が開催されました。有名アーティストも参加し大盛況だったようです。落書きですがこのイベントに関しては許可が下りているため問題は無いようです。

その他の写真は以下よりThe Cans Festival

これが制作風景。壁だけではなく道路にも描かれています。


このようにイベントは大にぎわい


何か嫌な事でもあったのでしょうか?


女性が拘束されている絵。かなり細かく描かれています


殺人者の絵。逃げてきて疲れ切っているように見えます。


どこかで見たことがあるような気がしますが……


これは金太郎なのでしょうか?


本当にただの落書きのように見える……


自動車もキャンパスにされてしまった


木も埋め込まれてアートの一つに


以下のサイトでほかの写真が見られます。
Flickr: "thecansfestival"

・関連記事
路上に描かれた立体的なトリックアート - GIGAZINE

知らない人が見たらビビる街中の人形アート - GIGAZINE

迫力ある閉塞感のスキャナアート - GIGAZINE

幻惑的な陰影のスモークアート - GIGAZINE

顕微鏡で見るアート - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log