ついに「攻殻機動隊」がハリウッドで実写映画化へ


1995年にアニメ映画として劇場公開され、映画「マトリックス」に影響を与えるなど、日本だけでなく海外でも高い評価を得た士朗正宗原作の「攻殻機動隊」が、ついにハリウッドで実写映画化されることが決定したそうです。

なんと実写映画化の実現にはスティーヴン・スピルバーグも寄与しているとのこと。

DreamWorks to make ‘Ghost’ in 3-D | Variety
http://variety.com/2008/film/markets-festivals/dreamworks-to-make-ghost-in-3-d-1117984029/


この記事によると、映画会社のドリームワークスが「攻殻機動隊」の映画化権を獲得したそうです。

制作される映画は実写になるとされており、制作総指揮は「スパイダーマン」や「Xメン」「ファンタスティック・フォー」「アイアンマン」「インクレディブル・ハルク」などのコミックを映像化してきた実績があるアヴィ・アラッド、脚本はアメリカで公開されたばかりのキアヌ・リーヴス主演映画「フェイクシティ ある男のルール」などを手がけたJamie Mossになるとのこと。

ちなみにユニバーサルピクチャーズやソニーピクチャーズも「攻殻機動隊」の映画化を模索していたそうですが、スティーヴン・スピルバーグが同作を高く評価しており、自らの監督作品を制作しているドリームワークスでの映像化に寄与したそうです。

はたしてどのような作品になるのでしょうか…。

追記:
諸々ありましたが、映画は2017年4月14日公開予定であることが決まりました。

ついに「攻殻機動隊」ハリウッド実写版の公開日が決定 - GIGAZINE

・関連記事
「攻殻機動隊」ハリウッド実写版の「草薙素子」役にスカーレット・ヨハンソン - GIGAZINE

「攻殻機動隊 新劇場版」最新PV公開、過去の全作品から全ての「はじまり」へつながるファン必見な内容 - GIGAZINE

TV版「攻殻機動隊ARISE」の詳細が発表、完全新作エピソードの製作も決定 - GIGAZINE

「攻殻機動隊 新劇場版」の2015年初夏公開が決定、特報ムービー公開 - GIGAZINE

実写版「攻殻機動隊」の脚本家が「アクション尽くし」「ネットには無限の可能性がある」と作品内容に言及 - GIGAZINE

ハリウッドで制作される「AKIRA」の実写映画は2部作で原作全てを描く - GIGAZINE

イギリス国防省が光学迷彩のような「目に見えない戦車」を実用化へ - GIGAZINE

in 映画, Posted by darkhorse_log