メモ

イギリス沖合に7000基の風力発電タービンを設置する計画が進行中


イギリスのビジネス・企業・規制改革大臣ジョン・ハットンが語ったところによると、イギリスの沖合に約7000基の風力発電用タービンを設置し、イギリスの全家庭の消費電力をカバーしようという計画があるそうです。クリーンかつ確実な発電方法として風力発電に期待が集まっているようです。

詳細は以下の通り。
Wind turbines 'could fuel all homes by 2020' | the Daily Mail

計画によれば、7000基の風力発電タービンをイギリス沖合に設置して洋上風力発電所(ウインドファーム)とし、2020年までにイギリスの全家庭で使われる電力をカバーするつもりらしい。これを作ることで海岸線が大きく変わってしまうものの、気候の変動を抑える役割も果たすと大臣は説明しています。

現在も洋上風力発電所は一部が運用されており2ギガワット(150万世帯をカバー可能)を発電しているそうです。

by silyld

イギリス以外ではデンマークでも同様の発電所が運用されています。

デンマークのもの。

by alexdecarvalho Creative Commons

計画が実行されればイギリスの風力産業は他国の二倍にはなると見られており、2020年までに生産される電力は33ギガワットにも至ります。政府はこれで2020年までに20%の再生可能リソースを生み出すというEU目標に対処したいとしています。

・関連記事
ニュージーランドが火力発電を禁止に - GIGAZINE

風力発電用風車のついたバーレーン世界貿易センターの写真 - GIGAZINE

アメリカのエネルギー源分布を表した地図 - GIGAZINE

15歳の少年がスクラップで風車を作り、自家発電することに成功 - GIGAZINE

風力発電も可能なソーラーカー - GIGAZINE

はてな、全サーバーの電力を風力発電に移行 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt