メモ

NHKと三菱、映画の盗撮場所・日時を特定できる電子透かし技術を開発


映画館で上映されている最新の映画を盗撮して、海賊版として流出させる」といった行為が後を絶ちませんが、NHKと三菱電機が、映画館などで上映されている映像コンテンツが、いつどこで盗撮されたのかを特定できる新しい「電子透かし技術」を開発しました。

これでインターネットでの映画の流出や、路上で海賊版DVDを販売している屋台などが根絶されるのでしょうか。

詳細は以下から。
NHKと三菱電機、映像を再撮した場所など特定できる「電子透かし」技術を開発

このリリースによると、今回NHKと三菱電機が開発した新しい「電子透かし技術」は、テレビ画面や映画館のスクリーンに表示された映像を再度ビデオカメラなどで撮影しても、埋め込まれた電子透かしが消えないという技術だそうです。

これは技術の進歩によりカメラの性能が向上したことから高品質な海賊版が流通しているために開発されたもので、もし画面やスクリーンを斜めから撮影したり、コンテンツの一部が欠落したりしていても、電子透かし情報が消えないとのこと。

そして映像が上映された場所(映画館など)や時刻などを、電子透かしとして映像に埋め込むことによって、映画などが盗撮された場所を特定することが可能になるとしています。

これが電子透かし技術の活用イメージ。流出などの監視も行われる模様。

・関連記事
ついに民放連が動画共有サイトでの映像無断使用に対策へ - GIGAZINE

再圧縮やデジタル・アナログ変換でも消えない動画の電子透かし技術登場 - GIGAZINE

プロかアマチュアかを98%の精度で自動判別する動画判別技術が登場 - GIGAZINE

総務省、Winnyで漏洩したファイルを強制削除する技術を開発へ - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log